« 西郷どん「寺田屋騒動」「地の果てにて」「生かされた命」 | トップページ | 畑薙ダムから光岳リベンジ »

2018年7月28日 (土)

西郷どん「西郷、京へ」「禁門の変」

二度目の召喚となった西郷。

相変わらず久光は西郷嫌い。(笑)

しかし慶喜にイモ扱いされ結局は西郷に地ごろと言われたことは当たってました。

慶喜と協力が幕政改革に不可欠であることが分かってはいるので、西郷を慶喜のもとに遣わし久しぶりに再会。

幕政の重職になった慶喜ですが、家臣が自らの身代わりに暗殺されるなど疑心暗鬼になります。

そんなところへ政変で都を追われた長州の桂小五郎が慶喜への対面の仲立ちを西郷に頼みます。京を追われた長州は過激な攘夷を行うため、都に火を放とうとしているという噂が広まっている誤解をとくためでした。

西郷と桂の申し出を引き受けて協力すべきとした慶喜ですが、結局は池田屋事件に発展し、桂の長州過激派を抑える努力は水泡となります。

それは禁門の変につながり、御所警護の役割を担う薩摩は長州軍と戦うことに。
なんとか戦いを避けたい西郷でしたが、長州軍の勢いは止まらず、とうとう戦に参加せざるを得なくなりました。

なんとか大将の長州力をしとめ最小限の被害にとどめようとした西郷ですが、会津藩の合流により、それもかなわず。長州は一網打尽にされてしまうのでありました。

|

« 西郷どん「寺田屋騒動」「地の果てにて」「生かされた命」 | トップページ | 畑薙ダムから光岳リベンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66995500

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん「西郷、京へ」「禁門の変」:

« 西郷どん「寺田屋騒動」「地の果てにて」「生かされた命」 | トップページ | 畑薙ダムから光岳リベンジ »