« 西郷どん「慶喜の首」 | トップページ | 西郷どん「江戸無血開城」 »

2018年10月14日 (日)

両神山登山と長瀞と川越ぶらり旅

台風銀座は日本列島全体、と言いたいくらい台風の上陸が多かった今年の夏。

台風が近づいている中、唯一の晴れの予報を信じ、最後の夏休み休暇で秩父の両神山に行ってきました。

夜行バスで東京へまず向かったのですが、事故で2時間近く遅れて到着。

池袋を経て西武線で秩父まで。そこから秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口へ。

Img_1490_2

Img_1489


待ち時間でご当地グルメのみそポテトを食す。

そこから町営バスで1時間ほど。終点の日向大谷の登山口へ。

Img_1549

渓谷沿いを登っていく感じですね。

Img_1551

(゚д゚lll)難易度の高い橋だ。

Img_1541


2時間くらいで清滝小屋に到着。
昔は有人の営業小屋だったそうですが、両神村が小鹿野町に合併された10数年前に無人の避難小屋になったとのこと。この日は登頂後、ここに宿泊。

Img_1543

元有人小屋なだけあって、水場や綺麗なトイレもあります。

小屋からつづら折りの登りや鎖場をいくつか経て・・・

Img_1502

両神神社へ

Img_1504

小屋から1時間ちょいで山頂に到着!

Img_1524

9月の末は紅葉のはじまりです。

Img_1537

山並みがいい感じです。

その後、宿代節約のため(!)清滝小屋に宿泊。
天気のいい金曜日なので誰かいるかと思ってたら結局誰も来ず。まあ日帰りできる山かつ翌日は雨予報なんで、いなかったのでしょうね。

けっこう広い山小屋でぼっちで寝るというのはなかなか怖いもんでした。
夜中にミシミシと鳴った音はなんの音だったんだろう・・・。

小屋には昔使用されてた毛布やマットが置かれてたので自己責任で使用すればいいかと。(私は寝袋持参してましたが・・・。)

翌朝は雨の降る前に下山すべしと日の出とともに出発し、帰りのバスに合わせて7時過ぎに下山。

途中乗り換えの道の駅まで客は私ひとりだったようで、運転手のおっちゃんの色々な話を聞かせてもらってました。

再び秩父鉄道に乗り、西武秩父駅前の温泉施設でひとっ風呂浴びて、長瀞へ。

Img_1573

雨が降ってきましたが・・・。

Img_1585


Img_1592


Img_1609

レトロな駅。

Img_1614_3

地ビール飲んでみました。おいしかったー!

それにしてもここは関東。しかも蕎麦が名物らしく、アレルギー持ちの私には飯が食えねえ!電車の都合もあり、あまり釜飯とか食べる時間もないし、さっと食べられるうどんもあるけど、関東のうどんは関西人の私にはまずくて食べられないので、昼ごはんがこのビールとみそこんにゃくになりました・・・。
。゚(゚´Д`゚)゚。

長瀞から川越に向かい、駅前のホテルへ。

そこから歩いて40分くらいで、有名な川越の街並みへ。

Img_1627_2


有名な時の鐘。

雨の夕方ですが、観光客たくさんです。海外の方もいっぱい。名物の芋とか醤油のおやつが売っててみんなそれを買い食いして歩いてました。道路沿いなので交通量もけっこうあるんですね。街並みが丸ごと散歩地区になってて、川のない倉敷みたいなイメージですかね。住んでる人もいるのだろうか。

Img_1674

入ってないけど素敵なイタリアン。

Img_1662


Img_1638

菓子屋横丁(?)だっけ。

Img_1650_2

2時間弱ぶらぶらしておりました。都心から1時間くらいで来れるので日帰り観光にはもってこいのところですね。

おまけ。

移転前の築地でお寿司を食べて帰りましたよ。

おいしかった~!(´∀`)

場内市場の「おかめ」さん

Img_1707


Img_1692

こち亀ファンにはおなじみ(?)の勝どき橋。
築地市場の目と鼻の先だったんですね。

|

« 西郷どん「慶喜の首」 | トップページ | 西郷どん「江戸無血開城」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/67272415

この記事へのトラックバック一覧です: 両神山登山と長瀞と川越ぶらり旅:

« 西郷どん「慶喜の首」 | トップページ | 西郷どん「江戸無血開城」 »