« 2018年10月 | トップページ

2018年11月 3日 (土)

西郷どん「波乱の新政府」

西郷の上京を迎えるために大久保は薩摩にやってきます。

廃藩置県を断行するためでもありました。なんとしても中央集権を確立して藩を廃止するため久光に上京するよう勅命がくだりますが、それを察した久光は分かりやすい仮病を理由に拒否。仮病を見抜いた大久保は久光にもすでに薩摩の家臣ではないことを告げます。

そんな波乱含みの中、西郷どんは熊吉と2人で上京し、長屋に住みはじめます。

新政府の幹部が豪華な屋敷にすんで豪華な洋食を食べている中、西郷どんはおにぎり持参。貧しい人の犠牲の上に維新が成ったことを忘れない西郷だったのです。

大久保の廃藩置県の断行に反対する江藤や桂を納得させるため、西郷は親兵の編成を提案しします。

さらに大久保の強硬な姿勢や豪華な生活に疑問を呈しますが、異国に負けない強い国にするためにやむなしであるという強い意志を聞かされます。

その思いを受けた西郷は大久保の廃藩置県に協力するのでした。

おにぎりを共に食べる二人、過去のおにぎり大河の復活です!(大ウソ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ