« 西郷どん「西郷立つ」「西南戦争」 | トップページ | 謹賀新年2019 »

2019年1月 5日 (土)

西郷どん「敬天愛人」

最終回はこのサブタイトルで来ましたか。

鹿児島へ向かう西郷たちです。

なんとか西郷を助けたい政府の面々は、鹿児島の城山に籠った西郷軍に、降伏するよう勧めます。西郷の命だけは助けるという条件で。

しかしそんなことはとうてい受け入れられないと西郷は約束の時間に現れず。

東京でその時を迎えていた大久保は内覧会の真っ最中。気が気でない大久保は演説に向かいますがうまく喋れません。悔やんでも悔やみきれない感情が・・・。

ああ悲しい・・・。

そして総攻撃を迎えた西郷軍は政府軍に突入し、次々と戦死。

西郷も突撃しますが銃弾を受け、力尽きます。

有名な「晋どん・・」

の台詞が一人だったのは演出なのか賛否両論ですが、ここに西郷どんは生涯を閉じたのでありました。

その死を東京で聞いた大久保は慟哭。

なんで、こんなことに・・・。それから1年もたたないうちに瀬田宗次郎不平士族に大久保は暗殺されてしまいます。そのとき持っていたのは西郷からもらった手紙だったらしいです。
ここまですれ違わなければ、と歴史の悲哀を感じましたよ。

鈴木亮平さんお疲れさまでした!

映画「阪急電車」で中谷美紀さんを裏切るひどい男の役で知ったんですが、変態仮面を経て大河の主役に上り詰めるとは感慨深いものがあります。

最初の青年期から晩年までの体重の上げ幅がすごい。どうやって1年でここまで太ったんですかねーすごいや。

最近の大河は一時に比べれば回想シーンが少なくなりましたし、今年もお堂ドッカンがなくてよかったです。と思ってたら元祖お堂ドッカンのタッキーが引退・・・。

。゚(゚´Д`゚)゚。

役者は本当によかった大河でした。

できれば鈴木さんには大河の再登板を願いたいです。

|

« 西郷どん「西郷立つ」「西南戦争」 | トップページ | 謹賀新年2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん「敬天愛人」:

« 西郷どん「西郷立つ」「西南戦争」 | トップページ | 謹賀新年2019 »