« いだてん「復活」 | トップページ | 劇場版シティーハンター »

2019年5月 1日 (水)

いだてん「新世界」「あゝ結婚」

ストックホルムの敗北から帰国した四三。

敗因を分析し、新たに次のオリンピックに向けて暑さ対策に励みます。

体力の強化の必要性を感じた先生方は、喧々囂々でございました。

卒業後の進路は同級生たちが次々と教師になる道を選んでいくのを尻目に四三はプロマラソンランナーとして東京に残ることを決心します。

いったん熊本に帰った四三に、兄は見合い、と言いどこともなしに連れていかれます。

そこにはスヤさんが・・・!

スヤさんの旦那さんは亡くなり、婿養子を探していたところに四三に白羽の矢が!

自分はマラソンに懸けるため断ろうとする四三ですが、兄に説得され、結婚を受け入れ、池部家の跡取りとなることに。

しかし、式の翌日、四三は東京へ戻って再びマラソンの練習に明け暮れるのでありました。

綾瀬さんは大河ドラマで四回も結婚されておりますな・・・。
再婚キャラですかね。

この辺のドタバタは面白かったです。大竹しのぶ姑が、義理の娘を留めおきたいがために四三と結婚させるとは・・!

一方で古今亭志ん生こと、美濃部孝蔵は、師匠の橘家円喬から旅に出るよう言われ浜松までやってきましたが、なかなかうまく行かず脱走!

話が行ったり来たりするのが視聴率の低い原因でしょうね。

面白いし、これ、落語がわかってる人にとってはものすごくひっかけてるんだろうと思うのですが。

そしてクドカンは落語が書きたいのがようわかる・・・。

|

« いだてん「復活」 | トップページ | 劇場版シティーハンター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いだてん「復活」 | トップページ | 劇場版シティーハンター »