« 麒麟がくる「伊平次を探せ」 | トップページ | 麒麟がくる「帰蝶の願い」 »

2020年2月29日 (土)

麒麟がくる「三好長慶襲撃計画」

なにやらキナ臭い京都の将軍家周辺。

将軍義輝の家臣三好長慶を細川晴元が襲撃するという計画を耳にしたと伊平次から聞く十兵衛。

世を平らかにするのが将軍の役目と三淵や藤孝に訴え、すんでのところで三好や松永を救います。

しかし刀傷を受けた十兵衛は意外と重傷。京へ戻っていた東庵先生と駒ちゃんに看病してもらい、回復。

美濃へ帰る十兵衛にくっついていくのは駒ちゃん。

旅の途中で止まった古寺でなんか三島由紀夫の某小説っぽい展開を思い浮かべたのは私だけではあるまい。(笑)

駒ちゃんの思いはどうなりますかね。(史実はしらんぷりで)

大河ドラマのこういう展開は古典ですがお約束ですね。

本筋の話をすると、京都でも争い、美濃でも争いって感じ。

ところで次回、やっと信長様登場するみたいですね。

|

« 麒麟がくる「伊平次を探せ」 | トップページ | 麒麟がくる「帰蝶の願い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麒麟がくる「伊平次を探せ」 | トップページ | 麒麟がくる「帰蝶の願い」 »