« 麒麟がくる「同盟のゆくえ」 | トップページ | 麒麟がくる「ひとりぼっちの若君」 »

2020年3月16日 (月)

麒麟がくる「信長の失敗」

信長の本格的登場。

池にもののけがいるとの村人のうわさをきき、自ら池に入って調べていたとのことで、嫁いできた帰蝶をすっぽかしていたそうな。

そんな信長の屈託のない様子にこの人意外と面白い人かも、と思う帰蝶。

少女漫画の王道ですね。(・∀・)

そろって父の信秀に挨拶に行きます。

手土産を持ってきたとどや顔で見せたのは今川方の特命係のパシリ松平広忠の首でした。織田と斎藤の同盟を知った今川は織田を攻めるべく広忠に準備を命じた矢先、先手を討ったのでございました。

しかし、時期尚早との怒りを買う信長。パパに褒められると思ったのにご機嫌斜めだったのです。

一方、開始から30分登場しなかった空気の主人公十兵衛もまた叔父のはからいで、幼馴染の煕子と再会します。実は二人をめあわせようという魂胆でしたが、なんだか真意をはかれなかった煕子の親父殿のせいで、話はうまくいかなかったようでした。

が、煕子にすでに嫁にこいなどと、子どもの頃にそんなことを言っていたらしき十兵衛。
これはもう王道の展開ですねっ!(・∀・)ニヤニヤ

一方京都では十兵衛にフラれた駒ちゃんが、ぼーっとしているのでございました。

かわいそうに・・・。(´・ω・`)(二回目)

|

« 麒麟がくる「同盟のゆくえ」 | トップページ | 麒麟がくる「ひとりぼっちの若君」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麒麟がくる「同盟のゆくえ」 | トップページ | 麒麟がくる「ひとりぼっちの若君」 »