« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月26日 (日)

麒麟がくる「道三、わが父に非ず」

斎藤家の内紛が勃発してしまいました。

道三が隠居して高政に家督を譲ったものの、その弟二人は帰蝶と結託して、高政を追い落とそうと企てます。

それに加わるよう言われる明智家ですが、断ります。

織田信長との同盟も考え直したい高政は、織田彦五郎と結託しようとしますが、帰蝶のみたらし団子大作戦により、信長の叔父、信光が彦五郎を暗殺、それに乗じて信長は尾張を平定してしまいました。このあたりの話って学習漫画ではよくはしょられており、今回描いてくれたおかげで、よくわかりました。

そんな信長をほめ、弟たちを可愛がる道三に、高政の嫉妬ゲージが最大限に。

病と偽って弟二人を呼び出し、暗殺してしまいます。

流石にこの仕打ちに怒る道三は高政と戦うことになります。

これに流されてどう立ち回るかが、十兵衛の考えどころです。

いまのところ、主役は斎藤道三ですな。モックンがカッコええっす。
やはり大河の主役経験者が脇で出ると存在感は大きいですね。

過去見ると、ナベケンさん、中井貴一さん、津川雅彦さんなど、ホームグラウンドな感じなんでしょうかね。

ちょこちょこ出てくる藤吉郎と麦ちゃんと菊丸がいい感じで癒しになってます。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

麒麟がくる「聖徳寺の会見」

歴史上有名な斎藤道三と織田信長の会見。

主役のセリフが少ないのはいつものことです。

鉄砲や衣装のしつらえなど、帰蝶の手のひらで転がされていると笑う信長。

その隠れた野心を見抜く道三は信長を気に入るのでありました。

が、一方息子の高政との確執深まり、母の深吉野が亡くなったことでさらに悪化。

隠居を迫る高政でございました。

親子関係がこじれていくのは戦国の武将ではよくあることですね。

あとは・・・なんか思い出せませんけど秀吉がちょこちょこしており駒ちゃんと出会ってます。

今川の駿河で草履売りをするもシマ争いかなんかで殴られる始末。

ちなみにそこで菊丸とも偶然の出会いをかます駒ちゃん。

大河名物、ばったりでくわす人々でした。

今川の名軍師、雪斎とも知りたいの東庵さんはいったいなにもんですかね。

ちなみに家康のよき師匠なんですよね、このお方。

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

麒麟がくる「帰蝶のはかりごと」

新型コロナ対策で政府が住民税非課税世帯にしか30万円払わないとかケチなことを言って反発くらってる中にですよ、

道三と信長の対面が決まり、信長の装備をそろえるため大量の砂金を伊呂波太夫に見せつけ、金で雇う潔さ。

そうです、人を動かすのはやっぱりお金なんです。

日本という国は貨幣が生まれたときから自由経済で回っておりまして、たとえ古代だろうが、戦国だろうが、政権が社会主義的な計画経済で規制していたなんてことは、太平洋戦争時の一部を除いてほぼない国なんですよね。

そんな太っ腹な娘の活躍の一方、道三は守護の土岐頼芸を美濃から追い出します。お気に入りの鷹を皆殺しにするという陰険な手段で。

伊右衛門が綾鷹に復讐して、戦国お茶戦線は動乱の最中でございます。

そんな父に反発する高政、実の父と思っているのは頼芸だったからですね、

この帰蝶と高政の兄妹が対照的でございます。

さあ、さあ、有名な道三と信長の対面です。

これを見てると十兵衛は歴史の主役ではないんですよね。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

麒麟がくる「十兵衛の嫁」

大河ドラマは大体10話目あたりで主人公が妻をめとります。

てなわけで叔父上がぜひとも進めたい妻木の煕子さんと十兵衛の縁談。

なんか周囲が二人にさせたような感じですが、いきなりプロポーズする十兵衛。
子どもの頃の約束通りにしようというのです。
古の「りぼん」みたいな展開ですな。

その一方で織田でも斎藤でも親子の確執が描かれております。

病に倒れる信秀は弟の信勝に末盛城をまかせることを伝えますが、信長は不満。それを帰蝶にぶつけます。ファザコンここにあり!信秀の本音を聞く帰蝶は信長に信秀から信頼されているとはっきりと言い切ります。

一方お茶で甥を道三に殺された土岐さんは鷹をプレゼントしますが、その鷹が道三を襲います。家来がとっさにかばいますが、爪に毒が塗られてたようで家来は亡くなります。土岐の謀略とみなした道三は家臣を集めて土岐を倒すことを宣言。

しかし土岐と懇意にしていた義龍は、十兵衛に仲間に加わり土岐を守るようもちかけるのでありました。

どうする、十兵衛!

・・・ところで十兵衛が嫁を迎えたということわざわ尾張まできた矢先、帰蝶に知らされ失恋のとどめ。

そんなさなか信秀は亡くなります。

高橋さんの信秀もっと見たかったですな~。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »