« 近況報告 | トップページ | 麒麟がくる「帰蝶のはかりごと」 »

2020年4月 5日 (日)

麒麟がくる「十兵衛の嫁」

大河ドラマは大体10話目あたりで主人公が妻をめとります。

てなわけで叔父上がぜひとも進めたい妻木の煕子さんと十兵衛の縁談。

なんか周囲が二人にさせたような感じですが、いきなりプロポーズする十兵衛。
子どもの頃の約束通りにしようというのです。
古の「りぼん」みたいな展開ですな。

その一方で織田でも斎藤でも親子の確執が描かれております。

病に倒れる信秀は弟の信勝に末盛城をまかせることを伝えますが、信長は不満。それを帰蝶にぶつけます。ファザコンここにあり!信秀の本音を聞く帰蝶は信長に信秀から信頼されているとはっきりと言い切ります。

一方お茶で甥を道三に殺された土岐さんは鷹をプレゼントしますが、その鷹が道三を襲います。家来がとっさにかばいますが、爪に毒が塗られてたようで家来は亡くなります。土岐の謀略とみなした道三は家臣を集めて土岐を倒すことを宣言。

しかし土岐と懇意にしていた義龍は、十兵衛に仲間に加わり土岐を守るようもちかけるのでありました。

どうする、十兵衛!

・・・ところで十兵衛が嫁を迎えたということわざわ尾張まできた矢先、帰蝶に知らされ失恋のとどめ。

そんなさなか信秀は亡くなります。

高橋さんの信秀もっと見たかったですな~。

|

« 近況報告 | トップページ | 麒麟がくる「帰蝶のはかりごと」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近況報告 | トップページ | 麒麟がくる「帰蝶のはかりごと」 »