« 麒麟がくる「三淵の奸計」 | トップページ | 麒麟がくる「新しき幕府」 »

2020年10月18日 (日)

麒麟がくる「宗久の約束」

戦国時代の自治都市堺の会合衆の一人、今井宗久。

どうもうさんくささ全開なのは中の人のせいでしょうか。(笑)

どうでもいい豆知識ですが、宗久は奈良県の橿原市の出身で、そこから堺へやってきたそうです。

「今井」の姓は橿原にある今井町とゆかりがございます。

さて、京へ上る決意を決めた信長ですが、その壁となる六角氏や三好衆をなんとかしないといけません。

信長は十兵衛に京の様子をさぐれと依頼します。京で駒と再会した十兵衛は、京での戦は辞めて欲しいと言い、その案内で財力で三好をバックアップしている宗久と会います。

宗久は上洛するなら、鎧兜をつけずに来きてくれ、そうすれば三好の援助は辞めるといいます。

織田家にそれを伝える十兵衛、当然反対にあいますが、結局信長はその申し出を受け、上洛に成功するのでありました。

信長は自分に仕えるか、義昭に仕えるか選べと尋ねます。
十兵衛はもちろん義昭!(・∀・)と返答。
見事にフラれた信長は了承しますが、このへんフラグですよね。

|

« 麒麟がくる「三淵の奸計」 | トップページ | 麒麟がくる「新しき幕府」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麒麟がくる「三淵の奸計」 | トップページ | 麒麟がくる「新しき幕府」 »