« 麒麟がくる「信長と蘭奢待」 | トップページ | 後方羊蹄山 »

2020年12月29日 (火)

麒麟がくる「丹波攻略命令」

大霊界・・・の方は大河ドラマに色々活躍なされましたね。

丹波さんです。

さて、三淵さんは信長の命令により、自害。

なんとか助けたかった十兵衛ですが、自身の信念は曲げられぬと。

その後十兵衛の元へ稲葉一鉄の家臣だった斎藤利三がやってきます。横暴な主君に愛想をつかして家来にしてくれといいます。

しかしそれが信長の耳に入り、美濃の抑えとしての稲葉の要望どおり、斎藤を引き渡せと十兵衛に言います。しかし斎藤の身を案じた十兵衛は断ります。帰れと言われて帰るのが十兵衛らしい。

そこで信長は斎藤のことと引き換えに、丹波の攻略を十兵衛に命じるのでありました。

早速情報収集を始める中で出会ったのは菊丸。東庵先生のところに居ついていたのでありました。丹波の道案内に、と伊呂波太夫に紹介され、丹波まで出向きます。十兵衛は菊丸の筆跡から信玄の逝去を知らせてくれたのは菊丸ではないかと思います。

そして丹波では元関白近衛前久が逃れていたのでした。朝廷での権力争い真っただ中の近衛さん。丹波について十兵衛が情報を欲しいと問えば一に戦、二に戦、と言われます。話し合いではままならず、信長に従う余地もないことを知らされたのでありました。

長い丹波攻略がはじまります。

一方、正親町天皇の譲位を巡って朝廷では近衛を追い出した吉本新喜劇二条晴良が復権のため信長に近寄ります。その状況を見ている帝はどうやら影で武士を動かしているご様子。蘭奢待の件といい、女形の名優の雅さと得も言われぬ権謀術数は本能寺の黒幕と相成りますか。

2月7日の最終回まで、いろいろイベントありますけど、年またぎでどうするのでしょうか。

腹に一物かかえた人物が多い中、煕子さんはじめ光秀の家族が癒しになっております。

 

|

« 麒麟がくる「信長と蘭奢待」 | トップページ | 後方羊蹄山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麒麟がくる「信長と蘭奢待」 | トップページ | 後方羊蹄山 »