« 麒麟がくる「闇に光る樹」「本能寺の変」 | トップページ

2021年3月28日 (日)

青天を衝け「栄一、目覚める」「栄一、踊る」「栄一、仕事はじめ」「栄一、怒る」「栄一、揺れる」「栄一、胸騒ぎ」

麒麟のあとは晴天です。戦国から幕末というループで、今回は珍しく経済界から渋沢栄一が主人公。

教科書では太字で必ず明治期の日本経済の立役者と紹介される人物ですが、詳細はじつはあまり知らず、銀行やインフラ関係に関わったくらいしか予備知識としてありません。

イケメン俳優の吉沢亮くんを主人公に据え、もうひとりともいうべき主人公、徳川慶喜にSMAP時代から演技派俳優として知られた草彅くんが本格的に大河出演というなかなかの布陣ではじまった幕末大河。コロナ禍で遅れての開始となりましたが、どこまで描くのでしょうか。

埼玉の藍の豪農の家に生まれた栄一は家族や幼馴染に囲まれてのびのびと育ちます。父の後を継ぐべく藍の買い付けや農作業を学んでいきます。一方水戸藩に生まれた徳川慶喜は英明さを幼少期から発揮し、父のハイテンション斉昭公の期待を背負って将軍の跡継ぎとなるべく、御三卿の一橋家へ養子に出されます。あまり将軍になる気はない慶喜ですが、諫言の士である平岡さんを迎え、否応なく政治に巻き込まれていく運命を感じるのでありました。渋沢家の様子と、徳川家の様子が交互に描かれ、のちに栄一が慶喜の家臣となるまでの過程を丁寧にたどっているようでございます。

それにしても斉昭公といい、ナレーションの徳川家康といい、当初から過去に大河の主役を演じた方を2人投入して、旬の若手キャストも登場してくるまさしく大河な感じが去年の渋いイケオジ祭りとは打って変わった感じでございます。

埼玉での青春時代を過ごしやがて世に出てくる栄一の成長が6話までで描かれておりますが、第二クールくらいから江戸へ行って本格的な活躍がはじまりそうでござります。

|

« 麒麟がくる「闇に光る樹」「本能寺の変」 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麒麟がくる「闇に光る樹」「本能寺の変」 | トップページ