カテゴリー「日本百名山」の35件の記事

2017年10月18日 (水)

利尻山登山と北の旅その1

日本百名山、やっと50座にたどり着きました。

登りはじめて15年ほどになります。諸般の事情で全く登らなかった年もあるので年に4~5座登ってるようなペースです。
還暦までには終わるかなあ・・・生きてれば。(笑)

50座目は最北端の利尻岳。
北海道の北にある離島でございます。大阪からどうやって行こうかと迷ったのですが、とりあえず稚内からフェリーに乗るため、一旦新幹線で東京に行き、そこから稚内まで飛行機で行きました。大阪からだと新千歳しか行けないんですよね・・・。
新千歳から陸路か飛行機も考えたのですが予算オーバーと時間の都合でやめました。
いやあ、遠い・・・。

始発で東京に行き、稚内に着いたのはお昼過ぎ。9月の中旬だったのですが、これがまた寒い!北の大地をナメてました。着いたときはあいにくの雨模様だったのも拍車をかけてましたよ。稚内空港からバスにのり、稚内のフェリー乗り場に着いた途端、目の前のラーメン屋に一目散に入りました。

Img_9797

たからやさん。塩か味噌の2択で塩大盛り。
おいしかったー!(´∀`)
地元では有名店らしいですね。

で、フェリーまで時間があるので稚内をぶらぶらしてました。
最北端の駅ですよ。

Img_9800

鉄道ファンならずともやはりここは憧れの地。
・・・それにしても寒い。
。゚(゚´Д`゚)゚。

さて、フェリーに乗り2時間ほどで利尻島へ到着。
すでに夜の真っ暗かつ雨なのでまったく様子は分からず。予約していた民宿の人が迎えに来てくれまして、宿へ。写真を撮り忘れてたなのですが、夕食がおいしかった!
流石北の島。北海道といえばウニをはじめとする海産物の宝庫!利尻のウニは有名でお皿に盛られてました。
甘くておいしい!(´∀`)
40歳近くになると肉より魚のほうが嬉しくなります。
この宿は温泉もあってよかったですよ。

翌朝は利尻登山。はるばるこのために利尻に来たんですから!
宿の人に三合目の登山口まで送ってもらいましたが、しかし、小雨が降って天気はイマイチ・・・。まあこればっかりは仕方なく、午後には晴れの予報を信じて登山開始。
標高1700mほどの山ですが、三合目とはいえ海抜200m弱から登るわけですから高低差はアルプス登山並み。長丁場の登山となります。
他の登山客の人といろいろ話したりしながら、3時間くらいで8合目まで。
流石島の山、独立峰なので稜線に出ると北の海風が寒い!

Img_9853

8合目避難小屋。ここまで来るとかなり寒い!

Img_9842

勾配はそこそこですが、南アルプスと比べるとけっこう歩きやすいほうかもしんない。

道中、携帯がいきなりなってびっくりしました、Jアラートです。そう北朝鮮からのミサイルです。。。勘弁してほしいですね・・・。どこに逃げろというのだ。
(# ゚Д゚)

結局霧の中を5時間ほど登り、登頂!

Img_9856

Img_9859

なにも見えねえ・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。
寒い中粘ったのですが霧は晴れず、無念ですが、下山。

しかし9合目あたりに降りたところ、少し晴れて景色が見えました。

Img_9862

Img_9863

少しだけ・・・。
うーん、屋久島の宮之浦岳といい、島の登山は景色運が悪かったな。

お昼前にはなんとか下山。

Img_9883


Img_9884

たしかにその名の通りちょっと甘い気がしました。

下山するとすっかり晴れ!

Img_9888

ちぇっ!
ヽ(`Д´)ノプンプン
歩いてる途中で野生のリスさんにも出会いましたよ。

さて、ここでアクシデント発生。
下山すると天気もいいので、着ていたウインドブレーカーを脱いでリュックに入れたのですが、なんとリュックのチャックが全開で、歩いている間に落としてしまったのです。
Σ(゚д゚lll)ガーン
港まで降りてきてそれにはじめて気がつきました。
買って1年くらいでいいお値段したものなのでここで無くすのはもったいないと思い、探しに来た道を逆戻り。上記の写真のとおり、ひたすらの上り坂。元々レンタサイクルで島を周るつもりだったので借りた自転車でひいこらと坂道を戻り、なんとか無事上着は発見。ひと山登ってのこの登りはかなり体力を消耗しましたよ。
いつぞやの知床といい、北海道では何故か自転車をひたすら漕ぐハメになってしまいます。
リュックのチャックはちゃんと確認を!

その2に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

2回目の富士山登山は富士宮ルートから

2度目の富士登山に行ってきました。

特に登山に興味もない職場のMさんが富士山だけは登りたいとおっしゃるので、富士山なら登るという後輩Sも巻き込み行くことに。

夜の9時半頃奈良を出発して何度か道を間違えるというハプニングがあったものの富士宮ルートの入り口、水ヶ塚公園に4時前到着。ナビがいまいちなのでGoogle大活躍でしたよ。車の運転を交代しつつ仮眠をとるはずが、全員あまり眠れず。
が、富士宮で観光だけ参加するF氏と合流するためにはこの日中に登って降りてこなくてはいけないため、タクシーに乗り換え5合目の登山口へ。

ぐんぐん高度があがっていきます。

Img_9369_2

すでに2400m!高山病ラインから始まります。
寝不足で高山病を危惧しましたが、仕方ないので登りはじめ、6合目まで歩いて朝食とりつつ高度順応。

Img_9366

8月上旬の混雑期、富士吉田ルートは避けたいが、御殿場ルートは長くて登山初心者向けではなく、須走は関西からは遠いし、ということで最短距離の富士宮ルートを選択したのですが、なかなか最短距離だけあって直登!
傾斜がキツい。

Img_9383

よろよろと登ります。

同行者2人も7合目あたりまでは元気だったのですが、寝不足でこの傾斜、かなりキツかったようです。わたしもしんどかった・・・・。

それでも10時半過ぎ、所要時間5時間半ほどで登頂!

が、最後のコレが痛恨の一撃だったみたいですよ。

Img_9391

3776mの剣が峰への最後の難関。
疲れたところにこの傾斜はキツい!

Img_9397

前回に引き続きまた逆光・・・。
ほぼ同じ時間帯だからしゃーないですね。

Img_9403

御鉢。いーい天気でした。

Img_9390

さて下山。

あの急な富士宮ルートをくだるのは足に悪いので、帰りこそ御殿場ルートの大砂走りを使って下りました。

距離は倍ほどかかりますが。。。

が、快晴はここまで。

Img_9412

雲に覆われていき、高度を下げるにつれ霧と霧雨に囲まれてしまいました。数メートル先も見えない状態に!
。゚(゚´Д`゚)゚。

先の見えない道をひたすら砂に埋もれながらおりて行くだけという精神的につらい下山。
元気だった二人も痛恨の一撃をくらったようにへろへろでした。

下り始めて2時間半ほどでようやく大石茶屋が見えてきたときは安堵でしたよ。
晴れてたらもうちょい楽しんで行けたんでしょうが、途中で「飽きた~(泣)」などと言われる始末。(苦笑)

なんとか御殿場口の登山口に下山できたはいいものの、本格的に雨が降ってきました。しかし疲れで誰も雨具を取り出さず。。。心身ともにボロボロだったようです。濡れて寒いし。

タクシーがなかなかつかまらず、30分待ってやっと来てくれました。
水ヶ塚の駐車場から富士宮の駅へ着く頃には雨はどこへやら。やや曇りの天気。これだから山の天気ってやつは分かりません!

なんとかF氏と合流し、その夜は河口湖の貸別荘へ行き宿泊。
道中全員濡れてて寒かったため真夏だというに車に暖房つけてましたが、普通に街中移動してきただけのFさん、車に乗り込むと、

「暑いやないかい!ヽ(`Д´)ノ」

・・・ごもっともです。(笑)

山梨名物のほうとう。小作という有名店らしいですが、全然小作じゃありません!ボリュームがすごかったですよ。

Img_9415

翌日はぷらっと観光してベタに氷穴と白糸の滝をみて・・・。

Img_9434

めちゃ寒かった!

Img_9451

水が冷たかったです。
(いい年した女4人で入りました。)

お土産買ったり富士宮やきそばを食し。

Img_9491

一路名古屋へ。

そして、

Img_9494

今回の旅の最終目的は名古屋でうなぎを食べること。
某有名店に行きました。ここも2度目。
予約できないそうなので並ぶの覚悟でしたが、開店直前に着いたのですぐに入れました。
(それでも行列できてましたが。。。。)

1泊3日の旅でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

残雪の白馬岳登山

さて、登山の季節がやってまいりました。

今の職場の繁忙期の関係で、7月下旬は休みにくいのが山登り人にはつらいところ。
は~あ、異動したいなあ・・・。(´ω`)

てなわけで7月は上旬が唯一遠出の山に行けるチャンスですねん。で、百名山の有名どころでは後立山連峰が未踏の地。日数かけずに行けそうなところ、での選択で白馬岳に行ってきました。

例のごとく大阪を23時頃出発し、中央道から白馬・八方尾根の無料駐車場まで6時間半ほどの深夜運転。途中カーナビを信用し過ぎて名古屋の湾岸自動車道での乗り換えを間違ったりして30分ほどのタイムロスですよ。
゚(゚´Д`゚)゚仮眠?なにそれ。

猿倉から登って栂池へ下りる予定だったので、駐車場目の前のバスターミナルで猿倉まで。混んでると思ってましたが、そこそこでした。座れたし。まだ本格シーズンではなかったからでしたね。このバスターミナル、モンベルショップもあり、コンビニも温泉も近くにあり、登山する人間にとっては最高の立地!(´∀`)

猿倉までは20分ほど。

Img_9251

猿倉荘。
朝の6時半頃ですが、続々くる登山者で売店もやってます。啓発活動が功を奏したのか昔と違ってちゃんとみんな登山届も書くようになりましたね。

さて、登山開始。天気がよろしく、ゆるゆると1時間ほど歩いていきます。

Img_9253

山々を見るとテンションあがりますね。

Img_9252

7時半には白馬大雪渓の入り口、白馬尻に到着!

Img_9257

さて、ここから雪渓を数キロ登っていくことになりますが、もちろんアイゼン・ヘルメット装着は厳命事項。みなさんここで装備をしっかりしていかれます。
私ももちろんちゃんとアイゼンを持参してきたのですが・・・・。

・・・

アイゼンの付け方が分からない・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

スマホで検索しても・・・

分からない・・・

2年ぶり?くらいだったので適当にやってみましたが
どうやってもヒモが外れる。。。

まあ、いっかあ・・・。最悪どうにもならんかったら無理やり巻きつけることにして、ノーアイゼンで登ることに。

Img_9258_2

ふむ・・・。

で、途中のおじさんたちにノーアイゼンすごいな、と言われたりしましたが。。。
理由は言えず。一応持ってるけど、と笑顔で返す。

ここはアイゼン必須です!

だんだん傾斜がきつくなってまいりますとのことよ。

Img_9259

まあ、赤チョーク引いてくれるおかげでなんとかトレース辿れましたが。

Img_9261

シェルンド(割れ目)ってやつです。
落ちたらアカンやつです。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

振り返ると傾斜すごい。
落ちたら中森明菜(まっさかさまに~♪)。

Img_9264

ぽつぽつある岩が落石です。
毎年これに当たって怪我される方や、運悪く亡くなる方もいるそうで、結構な危険地帯ですよ、ここ。人気の山ですが、初心者が単独で来ていいところではないです。
音も無く、勢いよく転がってきます。
途中、何度か落石を見ました。行く方はご注意を!

2時間ほどでなんとか雪渓を抜け、稜線沿いを登ります。
が、残雪が多くてなかなかの苦戦。そして徹夜のダメージと高山の空気の薄さがじわりじわりとボディーブロ―のように効いてきました。
(;´Д`)<しんどいよー

Img_9270

ウルップソウに癒しを求めて・・・。

Img_9277

お花畑が咲きはじめですたい。

そしてひいひぃ言いながら登ること2時間弱。
高山の霧の彼方にどーんと現れたサティアン巨大な建造物!

Img_9284

日本最大の収容人数を誇る白馬山荘です。

ここで豪華な昼飯を・・・とアテにしてたのですが、スカイレストランはシーズン前で閉まっており、お昼はカップめんになりましたよ。
しかも関東味のどん兵衛。
(´Д⊂ヽ

しばし昼食休憩すること1時間ほど。

再び登山開始して20分ほどゆっくりと登り・・・

13時25分、白馬岳登頂!

Img_9292

うーん霧が残念なことに。

Img_9288

雪が多いのが分かりますな。

思ってたより人が少なくて、ここで泊まっても、このまま下りて日帰りも可能だったのですが、私には是非行きたい場所があったのです。

それが、ここ。

Img_9307

小蓮華山です。

Img_9306

BGMは是非Stand Aloneで。

ああああ~あーあーああ~♪

Img_9309

そう、あのドラマ「坂の上の雲」のタイトルバックになったところです。
ここに行きたいがために、白馬大池経由の栂池周りのルートをとりました。
白馬岳山頂からは下りばっかりと思ってたんですが、意外とアップダウンの繰り返しや雪渓もいくつかあり、けっこうここまでしんどかったです。
そして霧がどんどん濃くなり、いっとき数十メートル先がわかんないようにもなりました。

よろよろと歩いてやっと16時頃白馬大池山荘に到着!

Img_9314

流石に栂池まではたどり着けず、ここで打ち止め。
山荘はこの日から営業開始だったらしいです。

トイレや水道完備で、部屋も誰もおらず個室になりました。

(´∀`)

Img_9316

朝焼け。

Img_9319

まだ凍ってますよ。

快適な夜を過ごし、朝の5時前に出発して栂池方面へと。

Img_9325


Img_9327

水ばしょう。

かなりの残雪に苦労し、途中雪で道が分からなくなって迷ったりもしましたが、なんとか登ってくる人に会えて道が分かり、苦戦しながらも下山することができました。
雪で目印が隠れてたりしてましてん。

Img_9336

朝7時半頃無事下山。誰もいません。

こっからはロープウェイとゴンドラを乗り継いでおります。

なかなか雪に苦戦した山行でしたよ。

駐車場の目の前にある八方の湯で汗を流して大阪まで帰りました。
帰りは海がみたくて北陸経由で。

おまけ。
白エビかき揚げ丼。

Img_9339

相変わらずな強行の旅でした。
百名山はこれで49座目です。半分にリーチ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

大峰山系釈迦ヶ岳

久しぶりの山です。

5月の連休の某日行ってきました。

大峰山系の釈迦ヶ岳(1800m)です。

十津川村側と下北山村側から登山口があるのですが、調べてると十津川村側の登山口のほうへ行くには狭い山道をえんえん上らないといけないとのことで、運転に不安にある私は下北山村のほうを選びました。

が、こっちも大概な道でしたが・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

登山口までの途中に日本の滝百選がございます。

Img_9175


Img_9176

そこから少し行くと車止めがあり、駐車スペースがいくつかあり、朝の6時でしたが、すでに数台停まってました。

ここから20分ほどは車道歩き。

で、

Img_9104_2

Img_9172

鬼の末裔の方が守っているという前鬼の宿坊です。

この裏から登山口になっております。

Img_9112


大峰山!という感じの登山口です。

Img_9168

けっこうな急な登りです。
枯れ沢筋を登っていく感じですかね。

Img_9169

二つ岩。

Img_9123

2時間弱で奥駆道と合流。

Img_9132


深仙の宿。
手前に避難小屋がありますが、数人しか入れないそうなので、テント場としても使えます。この辺からシャリバテ(エネルギー切れ)になり、おにぎり補給。

Img_9156

駐車場から3時間半ほどで登頂!

Img_9140

縦走路の果てに弥山やはるかかなたに金剛山や葛城山が見えます。

Img_9143

天気のよい休日だからか、縦走している人がたくさんいました。いちお、女性なので、全山縦走はできないのが残念ですが、いつか、できる範囲で熊野まで歩いてみたいですね。

2時間ほどで下山でき、帰りは入之波温泉に寄って帰りました。

久しぶりの山歩きでしたが、体力落ちてるなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

丹沢山周回登山

2017年最初の百名山登山は関東の人気山脈丹沢山系に。

積雪期でも危険はなさそうということで、行ってきました。土日は冬でも一杯とのことで休暇をとって平日に登ることに。

夜の9時半に愛車の軽で大阪を出発し新東名高速を経て朝の6時前に登山口である神奈川県の秦野ビジターセンターへ。何度か眠気がおそってSAで仮眠をとりつつでした。寝袋持っていくのを忘れて寒くて目が覚めてしまい、がっつり寝てない状態・・・。

Img_8627

秦野ビジターセンター。開いてれば売店など営業中らしい。
(これは下山後に撮影したもので閉まってます。)

駐車場も8時から開くらしく、近くのコインパーキングへ駐車。
平日だと1日500円だったので安いです。

さて、さすが平日パワー、早朝は誰もいねえ。(´∀`)
大倉尾根を通って塔ノ岳まで登り、そこから丹沢山をピストンしましたが、これがなかなか厳しい。塔ノ岳は1500mもないんですが、スタートの大倉の標高は300m程。標高差は1200m近くもあり、アルプス並!入口の看板にも
「ナメてかかったら痛い目みるで」(意訳)
と書いてありまして。

睡眠不足で久しぶりのがっつり登山でなかなかハードな山行きでした。

Img_8554


朝焼けがきれいです。

Img_8559


・・・急だ!。゚(゚´Д`゚)゚。

天気はいいんですが、1000m付近から解けた雪で道はぐちょんぐちょん。

Img_8566

途中の山小屋で小屋番のおじさんに声をかけられました。
関西弁が珍しいらしく。百名山以外で関西からここまで登りに来るのはあまりないらしいです。話ついでに昨夜の積雪情報など教えてもらいました。この先鍋割山で名物の鍋焼きうどんを食べることを伝えたら、そこでの作法なども。(笑)

ここからさらに厳しくなった急な登りにへろへろになりながら、塔ノ岳登頂!

Img_8573


富士山がよく見えます。
天気よくてよかった。(´∀`)
ここまできれいに冬の富士山見たの初めてかもしんない。

休憩もそこそこに、すぐに丹沢山に向けて出発。雪が本格的に厳しくなってまいりました。
コースタイムの1時間くらいでやっと到着!

Img_8614

遠い・・・

Img_8607_2

百名山48座目!

午後になると富士山は雲に隠されてしまいました・・・。

塔ノ岳に戻りそこからまた1時間を稜線のアップダウンを繰り返し、鍋割山へ。
名物の鍋焼きうどんです。

Img_8618


ここはけっこう人がいました。

Img_8619


場所が雪山だからなのも手伝って、おいしゅうございましたよ。
山でこれで1000円とはお安い気がします。

さてそこから下ること2時間半。かなり疲れました。
行動時間はゆうに10時間を超えてしまいました。雪でなかなかペースが上がらなかったとはいえ、丹沢山はなかなか厳しかった・・・。

Img_8626


日が暮れかかる頃、やっと下山。
早咲きの桜が春の訪れを告げてくれてました。

帰りは近くの日帰り温泉「湯花楽」(なんとひなまつりの日で女性はこの日割引!)で休憩し、また大阪まで長距離ドライブ。家についたのは朝でしたよ。
つ、疲れた~。何度も居眠り運転しかけて危なかったです。睡眠は大事です、ハイ。
静岡より東へ運転して行くのは厳しいなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

仙丈ヶ岳登山

あちこちと旅行に出かけたり、足を痛めてたり、天気が悪かったり仕事だったりで今年の夏はあんまり山に登れてなくて、10月もなかなか行けそうにないので、天気予報がイマイチでしたが、11月のフルマラソンのトレーニングも兼ねて南アルプスに行ってきました。しかもほぼ日帰り。本当は北アルプスの白馬岳を考えてたんですが、9月から雪不足で雪割れがひどく有名な雪渓が登れないということで、日帰りで登れそうな百名山で登ってないところ、ということで仙丈ヶ岳に行ってきました。
「南アルプスの女王」と呼ばれてます。

登山口の北沢峠までは一般車両は通行止め。手前でバスに乗るしかありません。明け方頃バスの出発地である長野県の仙流荘に到着して数時間仮眠。ぽつぽつ雨が降る中、6時発のバスに乗り、50分ほどバスに揺られて北沢峠へ。イマイチな天気でもバスは補助席まで利用で満杯でした。北沢峠は百名山の仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳の両方の登山口です。10数年前、甲斐駒を山梨側から登り、北沢峠に降りてきたのでかなり久しぶりでした。午後からよくなる予報を信じて7時ちょうどに登山開始。

Img_7832

券売機は長蛇の列。往復で2600円くらい。
バスのおっちゃんが案内しながら連れてってくれます。

Img_7834

ここにくるのは前の会社勤めてたとき以来だなあ。
20代前半だったはず。

Img_7835

ところどころ紅葉が見られました。

旭岳以来2カ月ぶりの登山。
いまだ体調が本調子でないのと睡眠不足、雨のせいもあり、なかなかペースがあがりませんがなんとか5合目には2時間ほどで到着。

Img_7839_2

この辺で雨が上がってまいりました。
登山道は他の南アルプスと比べたら勾配も緩く歩きやすいです。
それでも近畿で一番人の登る金○山よりは厳しいですかね。(苦笑)

森林限界をこえた先にはアルプスの稜線が待ってました。
青空も見えます。

Img_7844

あれが山頂ではござんせん。

こっから気持ちのいい稜線歩きですが、ときどき吹きつける風は秋の風で冷てえ!
ガスが出たり出なかったりの中、さらに1時間ちょい。

Img_7899

く、雲が惜しいぜよ。
(ちなみにこれは帰りに撮ったもの)

Img_7857

南アルプスを代表するもう一つの山と言えば甲斐駒ヶ岳。
集中豪雨の中、日本三大急登の黒戸尾根を登ったのに全く展望なしだった悲しい過去が思い出されます。
(ノД`)シクシク

Img_7866

10時14分登頂!
3000m超えはやはり空気が薄いですね。
この辺まで来るとゆっくり登らないと高山病になります。
他の人が頭痛いとかのたまっておられました。

ガスが残念なことに。しかもラーメン作って食べようと思ってたんですが、着いた途端いやがらせのように冷たい風が吹き付けてきやがった上に水を汲んでくるのを忘れて断念。お昼はカロリーメイトになっちゃいましたよ。
。゚(゚´Д`゚)゚。

Img_7881

小屋が見えます。

30分ほどガスと闘いながら休憩と撮影してのち下山開始。

Img_7892

有名なカール地形です。氷河が原因でできるらしい。

来た道を引き返し、12時40分下山。
コースタイムより1時間ほど早かった感じですかね。

1時10分のバスに乗り、駐車場へ帰還。バスにて私の隣の席に座ったお姉ちゃん、よっぽど疲れてたのか、豪快に居眠りして何度か頭突きを食らわせてくれました。
(´ω`)トホホ…
あとで気がついて謝ってくれましたが・・・。
すげえ眠りっぷりでしたよ。

帰りは駐車場の仙流荘のお風呂に入ってもよかったんですが、駒ヶ根の温泉に入って帰りました。ここも10年ほど前に木曽駒と空木の縦走した帰りに寄った懐かしの温泉です。

Img_7909

こまくさの湯。

懐かしい場所をもう一度訪れた山行でした。

仮眠ちょっとしただけで山を往復したせいか、疲れが出て何度も眠気に襲われ、帰りの運転が一番ツラかったです・・・。

日本百名山はこれで47座目。
もうすぐ半分ですが、残りの後立山連峰以外は関東方面がほとんどで行きにくいところばっかり残ってます。う~ん。もう一度いきたい山も結構あるんですがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

1泊2日北海道弾丸一人旅


ちょっと夏休みの遠出をしたくなりまして、2年ぶりに一人旅で北海道へ行ってきました。

本来は北アルプスの縦走を考えてたのですが、どうも足の具合がおもわしくなく、長期の縦走は無理と判断しました。完全に足の裏がやられてます、ハイ。。゚(゚´Д`゚)゚。

で、某県民番組で積丹半島の生うに丼を見て、食べたい!と思ったので、積丹半島目指して新千歳へ。

が、せめて北海道行くんだから百名山もひとつくらい踏んどきたいという思いも芽生え、足のことも考え、日帰りで登れる旭岳か羊蹄山かで迷い、旭岳へ行くことに。が、旭岳は旭川方面、飛行機は新千歳。・・・遠い。そして積丹半島は旭川とは反対側。

両方行ってきました。レンタカーですっ飛ばしました。

朝一の飛行機で電車を経て10時頃札幌へ。そっから車を借りて旭岳まで3時間。大阪で運転してるとなんとも思わないのですが、北海道の方は信号が黄色でも止まるし、制限速度で運転する。(笑)

いや、これが常識なんですが、なんかイライラするのはなんでだろう。

Img_7183

なんとか昼下がりには到着し、ロープウェイで姿見駅へ。正面が旭岳。北海道の最高峰です。最終のロープウェイの18時までには下山してこないといけないので、急いで登ります。

Img_7161

ガレ場の急な登りでしたが、なんとか1時間40分くらいで登頂。稜線だからか風が吹くと流石に北の大地、真夏でも寒いし強風です。

Img_7163


だだっ広い風景です。

17時にはなんとか下山しました。

で、今回宿をとっておりません。というのも行くの決めたの前々日で、しかも日程は夏休みの土日。ざっと見て近辺のよさげな宿も空きがなかったので、近くのキャンプ場で野営することに。

Img_7189

家族連れや外国人グループでけっこう一杯でしたがなかなか快適なキャンプサイトでした。なにせ、平地の砂地なのがありがたいです。

近くの日帰り温泉でまったりしてここでテントを張り就寝。

翌日は5時にキャンプ場を出て積丹半島を目指します。なにせこっから数百キロあるのと帰りの飛行機までに間に合わないとてなことで早く出るに越したことなし。

途中美瑛や富良野を通って行きました。花の時期ではないですが、ザ・北海道な風景です。

Img_7208


Img_7205

朝日で逆光なのが惜しい。

小樽から余市あたりは予想だにしなかった渋滞で全然進まず焦りましたが、(あとで調べたら慢性的な渋滞道路らしい)なんとか積丹半島へ。

Img_7226


海の見える温泉につかり、念願の・・・

Img_7227

生うに丼!

今回の旅の目的です。
いやー甘くておいしかった。(´∀`)

てなわけで1日半600kmほど移動した北海道弾丸の旅でした。
それにしても朝晩は涼しいですが、日中は関西と変わらん暑さでした。
猛暑、おそるべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

塩見岳登山

はい、久しぶりに登山に行ってきました。

仕事の都合や予定上、今月はこの日程しか行けなさそうなので天気予報とにらめっこしながら、久しぶりの南アルプスへと行ってきました。ここ最近人が熊に襲われるこわ~いニュースが頻発しており山も気をつけねばと思った次第です。

仮眠2時間ちょいだけして23時に大阪の自宅を出発。高速を飛ばして伊那方面へ。塩見への登山口である鳥倉へ向かいました。舗装はされているもののあちこちに落石散らばる細い山道をこわごわ登ること1時間強。ここであってんのかと不安に襲われつつもなんとか駐車場に到着。平日だからか半分くらい埋まってる程度でした。数名が登山準備をされております。ここはトイレも水場もあります。

Img_7007

こっから30分ほど林道を歩かないと登山口にたどり着きません。
7月半ばから8月いっぱいくらいまでは登山口までバスが走るそうです。

で、登山口到着は6時半。

Img_7008

さっそく登山開始。最初は結構急。
まずはここから3時間の三伏峠小屋を目指します。

で、すぐに標識が現れました。目安になっていいですね。

Img_7011


1/10ですってよ。

Img_7016

木の階段。見た目よりは頑丈です。
しかし、これは帰りがつらかった。。。
緑むす登山道をゆるゆると登りながら高度を上げていきます。
登山道は最初以外は急登が少なく、道もけっこう歩きやすいです。

半分過ぎたあたりで唯一の水場。つめた~い。

Img_7017

登山の途中の水場はありがてえ~。。゚(゚´Д`゚)゚。

大体2時間半くらいで到着。

Img_7020

200歩以上かかったよ。。。

Img_7070

9時には到着してテントを申し込み。
予定ではこっから往復コースタイム8時間程の塩見岳ピストン。
心配なのは天気。受付のお姉さんに尋ねると今のところは大丈夫でしょう、とのことで早々にテントを張り、9時45分、塩見に向けて出発!
しかし、ここで何か足に違和感が。。。どうもくるぶしが靴ずれっぽい・・・。
が、天気がもっている間に早くたどり着くことを優先して先を急ぎます。

Img_7024

小屋からちょっといったところから塩見の全容が見えます。
と、遠くない!?Σ(゚д゚lll)

テントを張ってきて荷物も軽くなってどんどん進んではいけるのですが、靴ずれがだんだん痛みだしてきました。しかし引き返すはできず、我慢して進みます。
何度もアップダウンを繰り返して塩見を目指しますが、ものすごく稜線を巻いていくためなかなか近づきません。途中でなんどか通り雨にも合いますが、本降りはまだと踏んで先をいそぎます。

2時間半ほどで営業再開した塩見小屋へ到着。
ヘリから運ばれた荷降ろしをしている最中でした。ここまで水場なし。のどが渇いたのでコーラーを購入。山料金の500円。しゃーないよね・・・
ここは基本は予約がいるそうです。幕営も禁止とか。まあ場所が場所なだけに。

Img_7067

ここまでは比較的道もよかったのですが、こっから山頂までの1時間は岩登りです。
高度も3000m近くになり、例の如く空気が薄い!(´∀`)

高山植物の生命力に癒されながらよじ登ります。

Img_7044_2

そして最後の砦!

Img_7043

ここら辺までくるとやっぱり足が痛い・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。

13時20分に登頂!

Img_7047

山頂に立った途端それまで見えなかった富士山がどーん!
これは感動モノでしたよ。

塩見は二つ山頂があるので、もう一つの東峰へは徒歩1分。

Img_7051

東峰です。

Img_7053

そして南アルプスの展望。
百名山をはじめ、名だたる峰々がずらり。

Img_7061

曇ってますが、これ以上の贅沢は言うまい。
誰もいないので山頂を一人占めでしたよっと!

さて、しばらくすると風とガスが張り出してまいりました。
とうとう雨がやってきたようです。山頂まではなんとかもってくれました。
雨粒とともに下山開始。
そして足の痛みが増してきました・・・。

塩見小屋を過ぎたあたりから本格的に降ってまいりまして、樹林帯ではまだいいのですが、稜線に出ると風雨がキツい。。そして寝不足の強行軍がたたってきた上にこの足の痛み。。。流石にフラフラしてまいりました。唯一助かったのは気温がそんなに下がってなかったことですかね。アップダウンが堪えます。

なんとか小屋に戻ってきたのは17時前。

Img_7069

雨はやむ気配を見せず、激しくなる一方。行動時間10時間ちょいでフラフラに疲れてたんでビール飲む気力さえも出ず。ごはん食べてすぐ寝てしまいました。
夜通し雨が降り、時折激しい風も。
ガタガタ揺れるテントの中で夜を過ごしました。

翌朝も雨が止んでおらず、雨の中のテント撤収のつらさったらないですな。

(ノД`)シクシク

小屋泊まりの団体さんがうらやましいぜ。

1時間ほどかかってやっと撤収。そして足の痛みも引かず。

ゆっくりと下って2時間ほどで登山口へ。木の階段や石が濡れていて滑る滑る。こういうときが一番注意すべきなんでしょうね。

なんとか登山道を降りたものの、またふきっさらしの林道歩きがまっております。
登山道は樹林帯なので雨のダメージが減少されておりましたが、この道は直接雨の攻撃が。靴ずれもいよいよ痛くなってきて半泣きで歩きましたよ。
ようやく駐車場に着いたときの喜びったらもう。

そこからは松川IC近くのまつかわ温泉で汗を流し、夕方には大阪へ帰還。
強行軍な山旅でしたよっと。

おまけ。途中のSAで食べたビフ丼といび茶ソフトクリーム。

Img_7074

Img_7075

次回は8月に北アルプスの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

涸沢と奥穂高岳登山

さて、先日の連休、とうとう行ってきました、日本一の紅葉の場所と日本三位の山へ。

何故か行きそびれていた涸沢カール。昔は山登りする人にしか知られてなかったのですがテレビや雑誌で度々紹介され、ここまでなら初心者レベルでも行けるということもあいまって紅葉の名所としての知名度は抜群に上がりました。
それでこの時期はコースタイム片道6時間にも関わらず、そこそこの観光地以上に訪れる人が多い紅葉どころになってしまいました。

ということで例の如く深夜に大阪を出て、平湯温泉まで5時間半。そっからシャトルバスで30分で1年ぶりの上高地へ。もう何度目でしょうかね・・・(^^;

朝の7時台にも関わらず、バス乗り場から行列ですよ。

もちろん上高地も人・人・人。

とりあえず、ここから横尾まで平坦な道を3時間、梓川に沿って歩きます。

途中、徳澤園で名物のソフトクリーム(400円)を食します。
ここも並ぶんだ・・・。

Img_6108

すでにここのテント場もテントだらけだあ・・・。

さくさく歩いて横尾へ。
そっからは一応登山道ですが、一向に人の減る気配ナシ!(苦笑)

Img_6118

本谷橋でこのありさま。

遭難の心配がないのだけはありがたい、かも。(^^;

高度を上げながら色づきを感じていきますってことよ。

Img_6123

上高地を立って5時間ちょいで涸沢カールに到着!
テントだらけよ。

Img_6126

紅葉のピークではまだないだろうと踏んでたんですが、なかなかいいじゃないですか!

とりあえずテントを立ててお約束のビールを。(自販機があるんですよ。)

Img_6141

ちなみにビールは常にキリン派です。
デザインが好きなだけなのかもしれませんが。。。

晴天も相まって人が多い多い。(何度も言う)
そしてこの涸沢カール、公称で数千張のテントが張れるとのことですが、ほとんどが石のガレ場なんですよ。いい場所を確保しないと石ボコなところで寝るハメになっちまいます。
。゚(゚´Д`゚)゚。

最初に張った場所がなんだかごろごろでしたのであとでひっこしました。

風も無く、夜は満点の星空。

翌朝も晴天。

この朝日が山を赤く染めるモルゲンロートを見るために、
涸沢泊まりにしたのですよ。

Img_6157

この瞬間のために、強行軍を強いる羽目に。。。

さて、これを見てからもうひとつの目的、奥穂高岳登頂。

予定ではこっから登頂して一気に上高地まで戻る計画ですたい。

陽が差し込むと紅葉は五分ほどですかね。

Img_6233

ここから先は岩場の急登です。最近は落石対策のため、ヘルメット着用が推奨されております。ここから先がほんとの登山って感じです。
買わないとなあ・・・ヘルメット。←持ってない。(´д`)

それでも登る人は多い。すれ違いがたいへんだあ。

Img_6170

見た目ほど急、ではない、ハズ。

1時間半ほどで穂高岳山荘へ。
こっからさらに岩場。

Img_6174

梯子があるんですが、上下で順番待ち。

Img_6216

憧れのジャンダルム!
よく見ると登ってる人がいます。
いつかはあそこへ立ちたいです。

Img_6191

んな感じで登頂!
ここも記念写真で長蛇の列でした。(苦笑)

Img_6210

槍ヶ岳への縦走路。
やっぱ槍はかっこええわ~。

Img_6193

彼方に富士山。
やっぱ見る山ですぜ。

あまりの天気のよさに久々にずーっと景色を眺めておりました。
ときおり輸送ヘリがやってまいります。

これで日本の山の高さベスト5を制覇ですたい。
日本百名山はこれで44座!
今年はできればあと1座、と考えているのですが、まだ未定ですたい。

本当は涸沢から先の穂高岳小屋のテント場で泊まれば帰りの行程が楽だったのに、うちのおかんが、

「涸沢の朝焼け見ないと値打ちないで。」

などと言うもんだから、奥穂高岳往復して、涸沢から上高地まで10数キロ歩くという強行軍を強いることになってしまいました。

おかげでめずらしく足にマメができちまいましたよ。
最後の横尾からの道のりが足が痛くて地獄でしたい。
。゚(゚´Д`゚)゚。

なんとかたどり着いた上高地ですが、平湯温泉へのバスは再び長蛇の列。
一刻も早く座りたいのに、1時間近くは立って待たされたのではなかろうか・・・。
東京方面から来た人が乗る沢渡のバスはその倍くらいの列でしたんで、それと比べりゃマシでしょうが、これが一番しんどかったですたい。

Img_6196

奥穂から見下ろす上高地。

涸沢には2つの山小屋があるんですが、予約なしで泊まろうとする人は布団1枚に3人、との張り紙が。恐るべし山ブームですよ。
テントレンタルもしてるそうなので、この時期はテント泊を推奨します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

屋久島宮之浦岳登山と九州の旅(前半)

やっと休みをとることができまして。(といっても2日だけですが。)

大学の時以来、14年ぶりに屋久島へ行ってまいりました。

前に行ったときは大人数で行ったのと、台風直後だったため、百名山のひとつでもある宮之浦岳に登ることができず、縄文杉だけ見た感じだったので今回はリベンジ、ということで。

学生の時は青春18切符で丸1日かけて大阪から鹿児島まで向かったのですが、今回は夜行バスで鹿児島まで13時間ほど。

新幹線とか飛行機とかも考えたのですが、島へ渡る船のタイミングがイマイチだったんで、夜行バスを選びました。

朝、鹿児島の港について、そこから高速船で種子島を経由して2時間半くらいです。

お昼前に島へ到着。レンタカーを予約しておいた2時までぶらぶらしていました。お昼に食べた魚のづけ丼がおいしかったですたい。それにしても以前来たときより観光整備が整っているというか。ただ観光で知られて環境破壊の問題が深刻らしく、しきりに携帯トイレの使用と登山マナーの遵守を呼び掛けているのが印象的でした。やっぱり世界遺産もそれを保護しなきゃ、意味ないですもんね。
あとは平日なのに団体さんや海外からの旅行者がけっこういまして。観光案内所ではスタッフが英語対応中。
日本の離島でクレジットカードはなかなか使えませんぜよ~。(^^;
海外の人は現金をあまり持ち歩かないですもんね。

この日は宮之浦登山口の淀川へ夕方入りし、そこから40分ほど登山道を歩いて淀川の避難小屋で泊まる予定でした。帰りの船を翌日の夕方で予約しており、なんとしても日帰りで登って降りてこないといけないのでございます。早朝から登山をするためには山の中で寝るのが一番、ってことで。(苦笑)宿とってもよかったんですが、朝の3時くらいに出ることになるので、なんかもったいない気もしたので。ケチの本領発揮!タダのものは有益に使うべし。

まだ時間があるので、せっかく借りた車で島をドライブ。

Img_5807

前回行かなかった大川の滝。水量がすごいですたい。

そして屋久島と言えば温泉がいたるところにあります。
霧島火山帯だからですかね。

Img_5817

湯泊温泉。いやもう男女の仕切りこれだけ。(笑)

写真だけとって帰ろうと思ったんですが、先客の(多分)フランス人の姉ちゃんたちが入ってたので私も入ることに。外国の人ってこんなん苦手みたいなイメージですが、そんなことはなく。みんなで入れば怖くない!脱衣所の代わりに大きな岩があったので、そこが死角になって見えなくなっております。
いや~ええ湯でしたい。
海を眺めながら適温のお湯は最高です。(´∀`)

そして、そこから2時間弱かけて淀川の登山口へ。山道の対向できない道で怖かったですたい。運転苦手なんでね・・・。

登山口に着いたのは夕方5時前。こっから山小屋まで歩きます。

世界遺産エリアへ突入!

Img_5827

30分くらいで淀川避難小屋へ。

Img_5834

見た目より中は広くてきれいです。水場も近くでトイレもあります。
平日だからか、先客は10人もおらずで、広々と使えました。

Img_5826

流石、世界遺産ということで登山道も整備されていて歩きやすいです。

とにかく早く登って降りてこないといけないので、翌朝は明けきらない5時に出発。

途中でご来光?を迎えております。

Img_5837

朝焼けってきれいですよね~。

高層湿原の花之江河

Img_5847

鹿との遭遇とか。(屋久島は鹿とサルが多い。)

Img_5859

いやーそれにしても登りやすいわ~。
アルプス山系のような急な登りが少なく、緩やかに高度を上げていく感じです。その分、標高の割には歩く距離が長いとは思いますが。

Img_5895


ただ難点といえば水の多さ。
東京の3倍は雨が降るこの島はとにかく水量が豊富です。登山道に雨水などがどんどん流れており、気をつけないとべしょべしょになりますわ。

そしてさらに早朝ゆえ、朝露をまとう笹が登山道をふさいでおります。
。゚(゚´Д`゚)゚。

BGMはもちろん「朝露」(朝鮮語)で。(分かる人だけ分かって下さいw)

この登山のラスボスはこいつらでしたYO!

Img_5884


頭から水かぶったみたいでびしょぬれになりました。
そして3時間ほどで登頂!
誰もいない山頂を一人占めだーい!

Img_5864

が・・・

私が到着した途端、雲がかぶさってきやがりまして・・・。
360度の大パノラマがぁ・・・。
。゚(゚´Д`゚)゚。

Img_5869

なんとか粘ること20分。

Img_5878

Img_5880

これくらいで勘弁してやろう・・・。
てな感じで下山です。

下りは登山口まで3時間弱。流石に疲れました。

余談ですが、某百名山ひと筆書きの人がポテチを行動食でお持ちなのを見習って、今回ポテチ持参。かさばらないように袋を移すべきだとは思いますが、塩分補給にもなるし、手軽に食べれるのでかなり有用でした。

12時には下山口にたどり着き、レンタカーの返却まであと4時間。
まだ時間があるので、温泉とドライブですたい。

島は一周する大きな道があっそれに沿って見どころや施設・集落が点在しています。

紀元杉。

Img_5917

ラムサール条約地の永田いなか浜。

Img_5923

コバルトブルーのきれいな海です。ウミガメの産卵地なのだとか。

そして温泉は尾ノ間温泉と、前回行った楠川温泉。

どちらも地元の人御用達の温泉ですが、尾ノ間温泉は源泉が湯船の底から噴き出ており、これがあちぃ!Σ(゚д゚)でしたい。
長湯できまへん。

ところで、旅先でも道を尋ねられることに定評のある私ですが、登山中に「地図見せて下さい!」と言われたことが。
どこまでも声をかけられやすいのか。。。

そんなこんなで島をあとに。

後半へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)