カテゴリー「学問・資格」の3件の記事

2018年2月24日 (土)

通訳案内士試験

てなわけで合格しました、通訳案内士試験。

報酬を得て通訳ガイドができる国家資格らしく、2回目の挑戦でした。

が、のっけから法律が今年改正され、規制緩和によって有料通訳ガイドは通訳案内士(全国通訳案内士と改称されるらしい)の独占市場ではなくなるそうです。

ここまで外国人観光客が増えて、ガイドの数がおっつかないようになれば仕方のない流れでしょうが。そりゃ業界の人にとっては死活問題でしょう。ただでさえ食っていけるガイドはわずからしいので。

興味のある人や自分の備忘録のために試験の話をちょこっと。

試験については、一次試験と二次試験がありまして、一次試験は語学、歴史、地理、一般常識の筆記、二次試験は面接官とのコミュニケーション試験です。でも次年度は法改正の影響で実地試験みたいのも追加されるみたいです。今年度受かってよかった・・・。

昨年度に肝心の語学以外(汗)は合格してたので、一回に限り次回の試験で合格した試験は免除できます。おかげで一次試験は語学のみ。なんとか合格し、二次試験に進んでこれも合格できたのでありました。

試験は年配の人の受験が多かったような気がします。退職後くらいの人も多かったなあ。40歳近い私でも若い方だなあと自分で思いました。

基本語学に自信のある人が受ける試験なので、私みたいな歴史マニアは珍しいかもしれません。逆に語学はできても歴史と地理がネックになってる人が多いみたいです。
一応大学は日本史専攻な上、地理も山旅のおかげで結構いろんなところ周ってるのが知識吸収に役立ちました。

で、12月に京都であった二次試験。
ネイティブと日本人面接官との口頭試験。
組ごとに案内されるので順番によっては結構待たされます、
私は結構あとのほうでございました。

いざ入室して簡単な自己紹介。生年月日を英語で言わないといけないのですが、「1月」すらなかなか出てこない。それもそのはず、英語をまともに喋ること自体、年単位でなかったのでありますよ。まともに喋ったのが数年前のタイ旅行くらいか・・・。

最初の読み上げられた日本語を英語に訳すという試験がさっぱりで。テーマは演歌の説明。正直いきなりで頭真っ白になり、もとの日本語自体長くてメモは許されているものの、ほとんどできませんでした。
。゚(゚´Д`゚)゚。
その次がプレゼンテーション。与えられた3つのテーマから1つを選んで、それを英語でプレゼンするというもの。
わたしは「回転寿司」「神道」「潮干狩り」という選択肢で、どれも単語がまず分からんので説明できるわけなく、ヤケで「回転寿司」を選択。
寿司の説明だけ英語で覚えてたのですが、完全に先ほどの英訳で頭がテンパり、回転するから「rolling sushi」というネタみたいな直訳でプレゼンをしたという。しかも具材の英単語が浮かんで来ず、ベジタブルとサーモンしかひねりだせない!緊張って怖いです。負のスパイラルにはまっていきますことよ。
それでもなんとか適当に話をつなぎ、その後質疑応答。
「回転寿司と普通の寿司屋の違いはなにか?」「回転寿司と普通の寿司屋のどちらがいいか?」みたいな思いっきり英語で答えにくい質問に「it depends on my purse!」(財布によりますわ)という返しをしたり、「ニューヨーカーに人気の寿司はカリフォルニアロールです!」と土地勘ゼロの頓珍漢な回答を繰り返し、完全に不合格と思ってたんですが、なぜか合格してました。

一次の合格発表から二次試験まで3週間ほどしかなく、丁度その時期仕事関係で忙しかったのでほとんど勉強もせず、ぶっつけ本番状態で運がよかったとしか思えません。

あとでネットで調べてみると、口頭試験はちゃんとしたコミュニケーションができるかどうかのテストであり、内容の正確性はあまり問われないらしいです。ネイティブの面接官の質問に対してちゃんと聴き取り、受け答えができていたら大丈夫なんだとか。

その辺は昔とった杵柄というか13年前のワーホリ生活の遺産が残っていたようで。
あんだけぼろぼろだったのに受かった要因としてはそこでしょうか。
ワーホリでNZにいた頃から会話のほうはまだできており、日本人の留学生では珍しいタイプと語学学校の先生に言われたことが。
かわりにヒアリングや筆記が苦手やったんです・・・。

そんなわけでせっかく受かったので登録だけはしようかなと思います。
まあ今の職業上、副業ができないので、ボランティアでガイドしかできないとは思いますが。

。゚(゚´Д`゚)゚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

平清盛「義清散る」

西行法師誕生!の会です。

義清がネコを可愛がっているのはのちの頼朝との「銀のネコ」の伏線のような気がします。このへんまで描かれるのかどうかは分かりませんが。

璋子さまにフラれ、世をはかなんだ義清です。
妻子を蹴落とし、出家するのでした。

そんな西行の

「願わくば花の下にて~」

の歌は名句ですね。

さて、朝廷は後継ぎと大奥チックな女の争いです。得子サマは自分の産んだ皇子を崇徳帝の養子にして、自身は国母となって権力をおさめようといたします。
もういけいけどんどんきゃりーぱみゅぱみゅって感じですYO!(最高に意味不明)

そして璋子サマとも上皇をめぐってバチバチ感をただよわせてます。
ホントの気持ちに気がついた璋子サマだからこそ、義清をふってしまうわけです。
BGMは「ある愛の詩のテーマ」あたりでどうでしょう。(古いか・・・笑)

東国で義朝はようやく勢力拡大に乗り出し、それぞれの勃興が描かれています。

てなわけで。
春先の今日、桜の演出が見事でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

センター試験とワンニャン時空伝

なんかいつもよりつっこまれておりますね。

社会の扱いが年々ぞんざいな気がしてきて、一応教免所持者としては、ききずてならない事態ですたい!

日本史Bをやってみました。

回答時間15分強で82点でした。

近代史がすっぽ抜けてるのが痛いです。
でも近代のほうが3点問題多く、配点が高いですよね。
全く勉強してないとこんな程度です・・・。

それにしてもセンター試験をいい加減2次試験への資格試験にして、次で勝負させてあげたらどうかなといつも思うのですが。こんな数十万人が受けて教科選択可能な試験で公平な問題を作るなんてムチャを30年くらい続けているのはすごいとは思いますが。

さて、病床にあり、あまりにもテレビがつまんなくて大昔に録画してた

「ドラえもんのび太のワンニャン時空伝」

を鑑賞しました。途中、帰ってきた親父に「お前いくつだよ!」と苦い顔されましたがw

これ、旧声優陣出演の最後の映画で、テレビ放送されたときにCMの前に声優さんたちの一言メッセージがあるという超保存映像です。DVDに落としてヤフオクあたりに出したら高値がつくんじゃねーかと思ってるのですが。(笑)

最後の作品なので、それまでよりはプロットがしっかりしててよかったと今更ながら思います。ここまでは映画館にも見に行ってたんですよ。いやー恥ずかしい。当時東京でやってた大人のためのドラえもんオールナイトに何度行きたかったことか!大阪でもやってほしかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)