カテゴリー「大河ドラマ」の405件の記事

2017年8月21日 (月)

おんな城主直虎「嫌われ政次の一生」

偶然なのかサブタイに中の人の名前が入ってるという。

元ネタは直虎の中の人と似てると言われてる某女優さんの代表作。

さて、今回、数十年大河ドラマを見てここまでのシーンはないというくらいの衝撃でしたよ。

徳川に弓を向けたということでおそらく近藤の罠にはまった最終的に直虎を守るために政次は捕えられ処刑されることになってしまいます。直虎の頼みで政次を助けに行った龍雲丸でしたが、それを受け入れず本懐だと言い放ち逃げませんでした。

政次を見送ってやらねばと磔にされる政次を、直虎は槍で一突きします。

まさかの展開。

。゚(゚´Д`゚)゚。

裏切り者めと罵る直虎に政次は井伊の行く末を地獄で見届ける、と言い放ち絶命します。

史実で政次は井伊を裏切った奸臣として名前が残るのですが、あくまで井伊を守るため奸臣としての汚名を着続けさせられるという道を選んだ政次と直虎の選択としたところがすごい。
正直、本当のところはどうだったのか分かりませんが、子供時代からのおとわと鶴の関係を描き続けて、ここへ帰結させるとは構成力のすごさに感動しました。

ネットでは究極のラブシーンだとまで言われてますが、まさにそんな感じのする場面でした。表向きは裏切り者として貫き通した政次の直虎への想いを受け取り、自ら手にかけることでそれに答えた、ということになるのでしょう。

友情とか恋愛とかそういうものでは言い表せない直虎と政次の絆をこういう形で描くというのは斬新で衝撃的ですが

泣けました。

。゚(゚´Д`゚)゚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

おんな城主直虎「復活の火」

いよいよクライマックス。

虎松を討ちとったことにした政次と直虎。
直虎は家康に書状を出し、徳川方につくことを伝えます。

直虎はついてきてくれた家臣たちに政次を信じるよう伝えますが直之はそれも政次の手だと疑いの目は捨てきれない様子。今までが今までだったのがここにきてじわりじわりと効いてます。
。゚(゚´Д`゚)゚。

家康は内通を約束し、武田と示し合わせて今川に攻めこみます。
その過程で井伊谷三人衆も家康に味方することを決め、領地安堵の起請文を交わしますが、毛深い人近藤氏だけは騙されてはいないかと疑心暗鬼。
一方政次は直虎と示しわせた通り、城を明け渡して徳川方につくことを宣言。
小野の家来たちも井伊家のためにあえて嫌われ者を演じていた政次の真意を知っていたのでした。
さらに今川では泣きっ面にハチで関口氏経はじめ重臣たちも武田へ裏切る始末でございました。
もうダメね・・・。

攻め込んできた徳川とともに井伊谷へ戻った直虎。

開門する政次ですが、そこへ矢が飛んできたのでございます。

次回、泣き所ですよ。

。゚(゚´Д`゚)゚。

多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

おんな城主直虎「虎松の首」

井伊家最大のピンチがやってきます。

徳政の中止を訴えに来た村人たちの前で政次は直虎に刀をつきつけ、関口の前に出ます。そして徳政受け入れ、領地を明け渡すことを告げ、館から追放されることになります。

それもこれも政次の俺を信じろという言葉に賭けた直虎。

隠れ里へ一族郎党で移り、井伊家復活の機会を狙うことを伝えます。

そして虎松は六佐とともに一時身を隠すことに。自分も残ると言い張る虎松ですが、傑山や直虎に生きることこそ大事と説得されて大人しく従うことに。

一方寿桂尼の残したデスノートを実行していく氏真は関口に虎松を討てとの命令をくだします。そしてその命は政次へと言い渡され、虎松の首と引き換えに念願の井伊ののっとりが実現することを言い渡されます。

様子を見に寺に戻った直虎は虎松を探しにやってきた政次一党と鉢合わせ。
代わりに連行されてしまいます。

そして直虎は虎松の首実験にかりだされるのでありました。

が、それは別人の首。

政次の意図を察した直虎はまるでそれが虎松だというフリをし、泣き崩れ、虎松は亡きものにされたことに。

政次を信じて今は耐える直虎でした。

。゚(゚´Д`゚)゚。

ここまでうまく話を組み立てるのすごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年8月 1日 (火)

おんな城主直虎「潰されざるもの」

今頃になって村人たちが訴えた徳政令を実行せよとの今川からの命令。
あきらかにデスノート発動中でございます。

今川の関口氏からその話を打診された方久。井伊に多額の貸し付けの回収をしない約束で家臣にとりたてられたのですが、井伊が徳政をすることで、その借金を請求するように言われた模様。

挙動不審全開の方久。

その命を言い渡された直虎はようやく井伊家取りつぶしの意図を知るのですが、それはあとの祭り。方久がそれを知っていたことにも気づきますが、逆らうことができない立場としては悩んだ挙句、それを受け入れることにしました。

しかし、直虎の窮状を知った村人たちは今川の使者としてやってきた関口の家に押しかけ、徳政を撤回するよう涙の訴えをします。

その騒ぎをききつけ、別々にやってきた直虎と政次。

政次は俺を信じろと、直虎を人質にします。

目の離せない展開になってまいりました・・・。

しかし、予告・・・。

。゚(゚´Д`゚)゚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

おんな大名直虎「女たちの挽歌」

タイトルの元ネタはもう分かりやすいですよね。

さて、タイトル通り女祭り。

とうとう、デスノートを残して寿桂尼さまがやすらぎの郷に旅立たれました。

さて、今川と武田の戦を避けるため、直虎は徳川に上杉と結ぶよう手紙を書きますが、おりしも徳川は武田と結んで今川を討つことに決めてしまいました。
それも相まって徳川につくことを選んだ直虎ですが、その証にしのを人質として徳川方に嫁がせることを条件に出されます。

まだ幼い虎松から母親を引き離すことに悩む直虎ですが、しのはツンデレ風味ながらも、戦国のならわしとそれを受け入れます。が、虎松にもそういうことを受け入れさせるため、自分は嫁ぎたくないと言い、それを真に受けた虎松は直虎たちにしのの再婚をやめさせるようあの手この手を考えます。

それを聞いた直虎はしのの真意を知ります。

手立てがないまま、しのと離れることを受け入れざるを得なかった虎松。
悲しい別れですが、自立の一歩でございました。

そんな親子の話ですが、一方今川と武田の戦は避けられないようになり、とうとう合戦の気配が・・・。

マツケンの武田信玄が悪そうでいい感じですね。(誉めてます)

(´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年7月16日 (日)

おんな城主直虎「死の帳面」

本当のデスノートだった、という今回。

見どころとしてはマツケン信玄。

大昔の大河ドラマの武田信玄は中井貴一氏が主演だったことは30代後半の方ならご存知だと思いますが、噂ではマツケンが先に信玄のオファーがあったとのこと。が、某八代将軍等で忙しく断り・・・という話ですが。それが真実ならこの配役は大河マニアにとってはなかなかの仕掛けでしたよ。

そんな背景もありながら、今回の主役は寿桂尼様。

武田義信の自害から始まる武田と今川の一触即発の状態で、義信に嫁いだ氏真の妹を引き取る交渉に寿桂尼自ら信玄の前に現れます。のらりくらりとかわす信玄でしたが、北条に仲裁を頼み、最終的に妹は今川へ帰されたのでした。

氏真をよそにババ様大活躍です。流石元祖女戦国大名!

それにスネちゃう氏真ですが、ババ様が倒れ、妻にも叱咤され、ババ様をよみがえらせるべく、国中から音曲を集めます。夢の中で今川の栄華の時代を目の当たりにしたババ様は再び目を覚まします。

そしてババ様は自らの命が長くないことを自覚し、今川を裏切りそうなデスノート作りにいそしむのでした。

デスノートに載ったのは直虎!

ババ様は縁のある豪族を呼び出してはその忠義を図っていたのです。

直虎の過去のおとわ時代を感慨深げに語るババ様に、家を守るためには手を汚すこともいとわないという覚悟を話す直虎。そこへ裏切りの兆しを感じ取っていたのでした。

最後の対面で感動させといて、この水面下での戦いっぷり。

お見事な脚本ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年7月10日 (月)

おんな城主直虎「誰がために城はある」「気賀を我が手に」

2週分感想です。

ヘミングウェイの小説などタイトルの元ネタ探しも面白いです。

さて、ここ数回話題の気賀を地図で調べてしまいましたよ。

材木売買における井伊家の謀反の疑いは晴れたのも束の間、今度は商人の町である気賀を今川氏が城を築き、支配しようというもくろみが出てきます。

自由都市である気賀を根城によろず請負をする龍雲丸一党でしたが、城を築くという話をききつけ、龍雲丸は直虎にそれを止めさせるようやってきます。

しかし、今川の命には逆らえないと断る直虎。

なんとかならないかとの思いはあるものの、帝都物語の人大沢氏にその命はくだります。反対する町人たちの間で小競り合いや、龍雲丸一党によるいやがらせなどで町は二分されます。そんな騒動を打開するため、直虎は一同を集め、町衆たちが望む本来の気賀の町のありかたを確認させることとします。

しかしそれでも築城に反対する龍雲丸でしたが、方久の提言で、井伊が気賀を治めることにしてはどうかと。

方久の香水わいろ(?)作戦で今川氏の重臣の関口さんを説得し、今川氏真にその話を持ちかけようとしたところ、武田氏の今川への裏切り行為の知らせが届き、激昂した氏真にその話をするどころではありませんでした。

諦めきれない井伊家一同の影で龍雲丸は築城に手を貸すことにします。

そして城を任せれた大沢も多忙により、井伊に譲ることを提案し、やけっぱちになってる氏真はそれを許可し、かくして浜名湖に潮の干満を利用した城ができたのでした。

大阪冬の陣開始前の真田丸みたいですたよ。

すっかり夜の碁打ちでよき相談相手となった政次。

誰もみていないところで

「おとわ」と呼ぶのが切ない・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

そしてそれをこっそり見ている和尚様も優しい。

この先どうするつもりだ・・・!

もう戦国版下町ロケットと呼ばせてもらいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

おんな城主直虎「材木を抱いて飛べ」

なんとなくこのドラマの傾向として、最近のドラマで言うと下町ロケットみたいな感じですね。

小さな町工場(井伊)が大企業(今川)に負けないようどうやって生き残っていくかという。

昔から領国経営は会社経営にたとえられますが、ここまで大河ドラマでそれをやってんのは珍しいです。そこそこ当たればマンネリ化した戦国モノの新たな試金石となりそうですが。。。

てなわけで。

材木を売ることができた井伊家ですが、その売り渡した材木は徳川方へと渡った噂が今川に届きます。謀反の疑いで何度目やねんというほど今川にまた申し開きに呼び出された直虎。なんとか危機を乗り越えようと病気になったりして駿河までの道中に時間をかせぎ、材木を取り返そうとします。

六佐の機転で気賀に戻り、便利屋(?)となっていた龍雲丸一党に協力を依頼して、すんでのところで材木を取り返します。

なんとか事を逃れることができるか・・・と。

タイトルの元ネタみたいに謎の半島スパイの人とか出てこないですかね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

おんな城主直虎「さよならだけが人生か?」

「お断りします!」

某朝ドラでヒロインのポロポーズを断ったシーンを思い出しますが、同じ脚本の人だからですかね。

龍雲丸は井伊の家臣になることを断りどこかへ旅立っていくのでありました。

ぽかーん( ゚д゚)

な、井伊家のみなさんでした。

さて、今回久しぶりに登場した家康と瀬名様。織田家との縁組を信長から直々に迫られ受け入れざるを得ない家康。
信長の中の人は歌舞伎ばりの大見得でした。

そりゃ断れんわ。

これが瀬名様の悲劇につながることとは露知れず。
家康に長生きして生き残ればいいという瀬名様の先を思うと。
。゚(゚´Д`゚)゚。

一方井伊でも直虎の治世が評判を呼び、今川家からの縁談が舞い込みます。
が、斜陽になってきた今川の重臣との縁組はできれば避けたい直虎。
直接その相手の庵原家へ乗り込みます。
忠義を重んじる婿さんなら大丈夫と思った直虎は奥山家の桜を嫁がせます。
そんな直虎を見て和尚様はその成長ぶりに関心します。

で、長い間直虎に仕えた乳母のたけさんは年のせいか勤めがおぼつかなくなり、こっそりと里に帰ることにしました。

それを聞いた直虎はたけさんを追いかけますが、その決心は固く、井伊のために役にたたない自分はもういてはいけないという言葉に涙を誘われます。

が。

そっくりの姪が再び女中として登場。

中の人いっしょやん!

ぽかーん( ゚д゚)

しかも「たけ」から梅にグレードアップしておりました。

なんというオチ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年6月12日 (月)

おんな城主直虎「泥棒は二度仏像を盗む」

今川からの目付の近藤さんの中の人のインタビューによると、あのヒゲ等のメイクで2時間かかるらしいです。

てなわけで木材泥棒が井伊にいることを嗅ぎつけ、さらに仏像を盗んだとひっとらえに来た近藤さん。

なんとか逃がすべく、直虎は直之に急ぎ知らせるよう伝えます。

作業場についた近藤さんたちでしたが、すでに龍雲丸一党は消えていました。

実は政次の機転で一足早くなつを知らせにやったのでございました。

このツンデレめ!(´∀`)

なんとか近藤さんの追及を逃れた直虎。

彼らの行方は杳として知れないのでありました。

龍雲丸たちが仏像を盗んだとは思えない直虎は和尚さんとともに、その仏像のある寺へと向かいます。ところがどっこいその盗まれた仏像は元のとおり戻っていたのでありました。

驚く近藤さんたちでしたが、あとでわけを聞くと和尚さんと龍雲丸の作戦で、仏像が盗まれたといいがかりをつける自作自演を見抜き、無いと偽り、隠しておいた仏像を元に戻したのでありました。

そうして、疑いも晴れ(?)、直虎は龍雲丸たちを晴れて井伊家で召抱えようと、声をかけます。

改まって返事を待ち構えていた井伊家で、龍雲丸の出した答えは

「お断りします」

Σ(゚д゚lll)ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧