カテゴリー「風林火山」の49件の記事

2008年3月15日 (土)

ニコ動より@鹿男

「鹿男あをによし」見てます。

無駄に奈良がフィーバーされてます。うちの役所の某部署の入口にもポスターが貼ってあります。(笑)

謎解きにしゃべる鹿、古代ミステリーな展開で学園モノというわけ分からん構成だけど、このドラマ面白いです。次回で最終回です。

んで、ニコ動で無駄にカッコイイEDが、こんなことに!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2067127

姫しゃまと真田幸隆の中の人も「鹿」にご出演しているあたり、ワロスw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

風林火山「決戦川中島」

最終回です。

毎年回想部分が多いのは目をつぶるとして、(w

最後が第一回の徒然亭若狭ミツちゃんの言葉「心の花~」の言葉でしめるとは!

志半ばで散っていった漢のロマンでした。(´∩`。)

武田信玄の軍師として必死に戦い生きた勘助。戦死のシーンはそんな人間の一生が集約されておりました。ヒーローじゃなく一人の人間という描かれ方だったような気がします。

一方で繰り広げられた信玄と政虎の一騎討ちは、清水DなだけにバリバリCGかとヒヤヒヤしましたが、わりとオーソドックスな感じでしたね。お約束を踏んだという視聴者サービスですね。

結局平蔵が勘助を討つという役回りは回避でしたが、彼も矢に刺さって生死不明。でもあのおふく婆さんに助けられたんだろうな~。

瀕死の勘助が見たのは妻女山から来る真田の援軍。この六文銭が最高にかっこよかったです。

戦い終わって勝ち鬨をあげる信玄たち、カメラアングルがアニメ三銃士を思い出してしまいましたが、泣けましたよ。(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

一年間お疲れ様でした~。

てなわけで今年の大河も終了です。

二年連続私的には及第点の最終回だったのでよしとしましょう。(笑)

さて、来年の「篤姫」。なんか朝ドラのノリなんですが、どうでしょうね。

とりあえず第一回は見てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年12月 9日 (日)

風林火山「死闘川中島」

霧の予言を信じた勘助は、挟み撃ちにする啄木鳥戦法発動。しかし、あのばあさんは上杉方にも情報を売っており、作戦は見破られてしまいました。

別働隊のほうに人数を割いてしまったため、ひそかに渡河した上杉軍を迎え撃つことになった武田軍。しかも別働隊に真田や飯富軍がいるという、なんか新撰組の池田屋事件のときと似てますね。

いや~上杉軍のほうが底抜けに強そうです。

そりゃ尼後経久宇佐美がいるからねw

決戦前に信玄と語り合う信繁には死亡フラグが確定。いや、知ってるからよけい分かってしまうシーンでした。

そして、決戦に臨む勘助のモノローグは第一回の冒頭につながるわけですね。

夜が明けて霧の中から現れたるは上杉軍。

勘助は作戦が失敗したことの気がつき狼狽。それを叱咤する信玄はやはり大物です。

久々に回想で登場した千葉さん@板垣の言葉を思い出し、陣形の維持を指示。

関が原の陣の西軍のイメージが強いのか、この鶴翼の陣って、負ける側が使う印象なんですよねえ・・・。

別働隊の到着までの時間を稼ぐためうってでた信繁と諸角さん。

奮戦むなしく討ち取られてしまいます。( ´Д⊂

兵たちが首をとりに群がる描写がリアルでした・・・。

その2人の討ち死にを聞いた信玄・・・。いよいよ最終回です。

頼むから平蔵が勘助を討つ役にだけはならないでほしいな・・・。

さて、篤姫の予告も楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 2日 (日)

風林火山「いざ川中島」

日本百名山のひとつ、甲州は甲武信岳の登山コースのひとつを登ると千曲川の源流を通ることができるそうです。この千曲川を背景に第四次川中島の決戦が展開されます。

決戦に備えて、リツちゃんも嫁ぐ決心がついたようで。はじめて、

「父上」

と勘助を呼びます。

そして勘助は諏訪のU姫の墓にて勝頼の初陣を報告。しかし、清水D大お得意のCG処理にて久々に2chのアイドル、リアルU姫、もとい姫しゃまが久々幻影で登場。

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

「行ってはなりませぬ。」

勘助の袖を引っ張ってそういう姫しゃまは。幻影になってもワガママちゃんなので安心です。その言葉に感化され、勝頼の初陣を取りやめにしてしまう勘助。何か不吉なものを感じたのですね。

OPのクレジットを見逃したのですが、義経のときのように

*******************

平知盛(亡霊)

阿部寛

*******************

とか

*******************

平清盛(幻影)

渡哲也

*******************

みたいに

*******************

由布姫(幻影)

柴本幸

*******************

みたいな表記がなされたのか知りたいところですねえw

一方、信玄も三条夫人や、駒井くんと、これまでの道のりを振り返り、まさに最終回フラグ立ちまくりです。市川さんと池脇嬢は実際でも役の上でもそんなに年齢かわんないはずなのに、あきらかに信玄老けすぎ。まだ40代はじめの頃のはずなのに。まあ大河の若手女優はあまり老けメイク処理をしないのも、終盤近くになってくるとみられる大河クオリティですねw

その対戦相手の妻女山に陣取り、写真集も売れ行き好調そうなわれらが上杉政虎は、武田との根競べ。

海津城へ入り時間もたってきたころ拉があかんのでこちらから攻めようということに。

そんななか、リツちゃんパパの原さんの生存が確認。

TRICK劇場版の菊姫さまそのまんまなキャラのおばばに手当てされとりました。

お、なんかコミカル。

「川中島の霧は明日」

そう聞かされた勘助は、とうとうあの啄木鳥戦法を考えてしまうワケですね。

さて、葵徳川三代並の合戦ロケをお願いしますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月25日 (日)

風林火山「決戦前夜」

今日のみどころ

・聞く耳もつ政虎さん

・久しぶりに登場してお亡くなりになった、誰だっけ?な長野業正さん

・狙ってるだろ!大衆演劇の大物と希望の若手が演じる北条親子の舞の共演

・とうとうバカップルになってしまったニタニタがキモチワルイ伝兵衛&葉月さんカップルw

・再来年の大河の布石ですか?な登場ののちの上杉景勝クン

・リツちゃんの結婚話は香坂さんと

・てなわけで父の原さん行方不明で第一回から登場してるのに扱い悪すぎ

・wktkしてきた決戦の高揚感

・そして兵を鼓舞する政虎の長刀に注目!穴が開いてたら杉の明露ですねw

・武田側も勢ぞろいして信玄の貫禄十分ですぜ

・予告の変な婆さんはいったい誰?

でなわけで、高知知事の当選の知らせとともに、第四回川中島の合戦の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月19日 (月)

風林火山「関東出兵」

原哲夫先生の漫画といえば、「北斗の拳」が真っ先に浮かぶ方が大半ですが、

個人的には原作のよさもさることながら、「花の慶次」のほうがキャラを描ききったなあと思うわけです。

そんな「花の慶次の世界」がまさか、NHKの大河ドラマで展開されるとは思いませんでしたよ。

小田原に攻め込んだ景虎は城にこもる北条を挑発すべく、

たった一人で

矢弾の降り注ぐ中、前田慶次の如く酒を飲むわけです。

あ り え ね え え え え え え え 

ガ━(゚Д゚;)━ンゴ━Σ(゚Д゚;)━ンギ━Σ(゚Д゚||;)━ン!!!

当たらないし!

結局北条はそれに恐れをなしてますます出てこず。

それは景虎の奢りでもあったようです。

そんな景ちゃんはマザコンだったことを視聴者に思い出させた成田長泰の妻・井川遥@登場です。どうも和装な井川さんはDVな旦那にいじめられるイメージですが@純情きらり

そんな母ににてる人妻を人質にする、景ちゃんです。それに危惧する宇佐美さん。

一方勘助たちは海津城にて越後勢を討つ準備中。元服した勝頼に手柄を立てさせたくて仕方ない勘助ですが、それを香坂に諭されます。

天下のNHKらしからぬトンデモ効果音が鳴るw伝兵衛とくのいち葉月さんのエロトーク満載ラブコメとか

書ききれないくらいにつっこみどころ満載でした。

いよいよ川中島合戦ですな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

風林火山「謀略!桶狭間」+トリック

「じゅっけいに~ぃ~」

から始まる桶狭間。

あっちゅーまに殺された寅王丸。

逃げたから討ったというオブさんですが、ありゃウソだな、と思うのは後の義信事件を知る人ならそう思いますよね。。。

結局信長は敦盛のシルエットだけじゃん。

去年サブタイが「信玄の影」にもかかわらず、登場させなかった腹いせですか、そうですかw

今川義元が勘助の謀略にはまって討たれるという、歴史教科書もびっくりな展開でござりました。義元の性格を知ってわざと織田方がうろつく桶狭間にいくよう仕向ける悪どさはお代官様並でした。あの寿桂尼に問い詰められたときのとぼけっっぷりが最高ですよ。

息子を亡くした女戦国大名寿桂尼、最後はよき軍師雪斎を亡くしたあせりから生じた謀略が仇となってしまったようです。でも往年の名優藤村志保さん、悲しみながらも家臣の前では毅然とした態度でカッコよかったです。今川のイメージがどうもやられ役なんで、あんまり描かれることって少ないのですが、今回は結構登場してくれて隠れ今川ファンとしてはうれしいものがありました。

さて、長尾家も関東出兵にとりかかりそうですね。

予告のGacktがぶっとんでてステキでした。

何この原哲夫先生的演出?(w

-------------

おまけ。

秋のトリック祭りがやってまして、ついつい見てしまいました。

時間の都合かネタが色々カットされてて残念でしたが。「暴れん坊将軍だらけの新聞ラテ欄」とかw

竹中直人@神001との対決シーンを見て、「大河の主役が同じフレームに収まってる!」と感動してしまいました。(笑)

トリックってあの小ネタとキャラが強烈でブラックなコメディーに見えますが、よく考えたら色々グロいし後味悪いんですよね。人死にすぎだ。。。

来週は劇場版2の放送だし、こりゃまた続編ありますなあ。

あの池田○がなくなった状態で何事もなかったように続けるのかどうか。

個人的には矢部さんと上田山田コンビのからみを増やしてほしいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 4日 (日)

風林火山「信玄暗殺」

寅王丸クンの中の人のピアス穴が気になって仕方ない45分でした。(w

というわけで宇佐美にそそのかされて駿河へ出向いた平蔵クン。

寿桂尼さまに今川で預かる寅王丸に会いたい旨を申し出ます。さすがは女戦国大名といわれた寿桂尼さまは武田への牽制も考え、二人を会わせて見事信玄の悪行をあることないこと吹き込みます。底意地の悪い煽りが2ちゃんねらー並ですねえ。ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

見事なアオラー寿桂尼さまに乗せられ、信玄の元へ復讐開始です。

しかし、それを見破ったのは信玄。

隆慶一郎氏の小説だったか、「有名な武将は決して暗殺されなかった」という言葉に納得してしまいました。

信玄も彼のことを思ってか自分の元に置こうとするものの、そこへ無駄に男前な長男義信君が乱入。「何しとんねん!」と周囲が止めるのも聞かず、寅王丸につっかかります。

復讐心に火がついて義信に斬りかかる寅王丸。しかし、それを身を挺してかばったのはつい一時間前はゆうこりんのゴルフで大ウケしていた浅田美三条夫人の侍女の萩野さんでした。意外な人物がここでお亡くなりになってしまいました。三条夫人にとって痛恨の出来事でしたね。一方、その謀略が寿桂尼のものだと知った勘助は怒りをあらわにします。

あれ?寿桂尼って勘助ファンじゃなかったっけ?

てなわけで、予告では、ドラえもんに出てくるCMキャンデー並に「桶狭間」の連呼。

「敦盛」が聞こえてきたところを見ると織田信長も登場するのでしょうか・・・。

登場するのであればあぶ長さまを再び召還してほしいところですが。(w

あの功名の第一話のか か  は伝説と化してますからねえ。。。

ところで、「桶狭間」が通称ですが、たまには「田楽狭間」とかいってくんないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月29日 (月)

風林火山「信玄誕生」

は~日曜出勤で疲れました。選挙終了時刻8時の正確な時刻を知るため、NHKをつけて、風林火山の始まりとともに、仕事終了!(w)さすがに片付けしなきゃなんなかったのでそのまんま見続けることはできなかったです。。。そりゃそうだ。

のっけからラブコメ恋心全開爆発、リツちゃんに寝顔を見つめられて目覚める勘助。

あわてておきだして眼帯つける勘助がかわいらしくてもう。(´∀`)

妻ではなく養女になったリツちゃんは「父上」とは呼べず、「だんな様」と勘助を呼びます。おいおい、千代タンですか?

養女なんてまどろっこしいことせずにいっそのこと妻にしちまえよ!とあおる真田さんがステキ。

ところでな~んかこの設定どっかで見たような気がするんですよね。。。

おっさんにベタボレしちゃう女の子・・・。

ナディアのマリーでもなく、

トラップ一家でもなく・・・

・・・

あしながおじさん!?

・・・

・・・

美樹さん?

・・・

まあいいや。萌えシチュなら(ry

なんだかんだで未だU姫を失った悲しみをひきずり涙する勘助クンなのでありました。

剣豪将軍足利義輝に和睦を促された晴信と景虎の戦を続ける大義名分の策略合戦のなか、晴信は出家することでその人徳確立をめざします。

とうとうハゲ祭り、

もとい坊主祭りです。

ここに伝説の肖像画に中井貴一よりは似ている信玄が誕生したのであります。

d(゚∀゚d)

原さん、真田さん、そして勘助もならって坊主に。

BGMは「大空と大地の中で」、もしくは「大きな玉ねぎの下で」

で、ヨロシク。

一方、上杉の養子となり、関東管領に就任することになった景虎は、再び上洛。その間に、宇佐美は何故か弟子入り志願な平蔵に武田を討つ方法を打診します。

その刺客候補が今川にいる寅王丸とのこと。

そういえば雪斎がなくなるとき、居合わせたイケメン松平元信殿はGJでしたよ~。

しかし、のちの彼の名前をナレで説明してほしくなかったなあ。。。分かる人にだけニヤリとさせてもらいたかった・・・。歴史ヲタのおごりですか、そうですか。

さて、誕生したのにもう暗殺というサブタイはどうかと思いますが。

いよいよ今年も最終コーナーにさしかかって参りましたなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

風林火山「姫の死」「軍師と軍神」

はい、最近日曜夜に出かけることが多くて、今回も2回分の感想です。

ちなみに来週も仕事なんでおそらくリアルでは見れないです。ぐすん。

さて、とうとう姫しゃまがお亡くなりに・・・。

。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン

両津姫とか親の十四光だとか、散々突っ込まれてますが、

柴本さん好演でしたよ~。

また他の作品でも見たいんでがんばってください。意外とコメディーものもいけそうな感じです。

公式サイトみたところ、まだちょっと出番あるみたいですね。

そんなU姫しゃまは最後にして「私は勘助を困らせるのがクセなの」とドSぶりをカミングアウト。そりゃそうでしょうよう(w

勘助に嫁を娶ることを約束させます。これが最後の対面となってしまいました。夕暮れの中で困った顔をする勘助がもうおっさんかわいくてしかたありません。(萌

そして、長引く戦の中で勘助はU姫の死を知らされ、呆然。晴信にはU姫との約束を果たせといわれますが、失意のあまり高野山へ失踪。

一方、戦国一のド真面目景虎は家臣の内部分裂にイライラ。彼もまた高野山へ出奔。

心配する長尾家の皆さんです。おっ、久々にお姉さんの仙桃院さん登場。いや~時代劇の西田さんを見ると寺子屋ゆめ指南を思い出しますねえ。。。(古い)ここでお姉さんから景虎はマザコンだということをバラされます。

そして高野山、一昔前の少年ジャンプ漫画みたいな展開で、景虎と勘助が鉢合わせ。

あ り え ね え え え~

けどね。さすがNHKが誇るネオ時代劇。(大嘘)

刺客かと思った景虎は勘助と剣を交えます。このアクションにワイヤー使ってないあたりにディレクターさんと編集さんのプロ根性を感じます。いや~ガクトかっくいいよ~。

それを止めたのは和尚さんでございました。

むげにんの辰ちゃん並みですねえ~。

仲良く曼荼羅講義を聞くふたり。このことにより自分を見つめなおしたのであります。

あげくのはてに一緒にご飯なんか食べちゃって。一部の腐女子が喜ぶことこの上ない展開ですよ。しかも、お互い皮肉を言いながらなんて。どっちが攻

そして、国内で反乱が起こったと家臣たちが景虎を迎えにきます。家臣たちから改めて忠誠を誓われたことで、越後に戻る決意をします。

そして勘助もまた、甲斐に帰り、リツちゃんを幼女養女にすることで、一応「山本の家を絶やさない」という約束を守ることにしました。

ちなみに史実では景虎が隠居しようとしたのは本当らしいですね。高野山に行ったかどうかはなぞですが。(笑)さすが、電波キャラですねえ~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧